野村克也

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア野村克也の項目があります。

野村 克也(のむら かつや、昭和10年(1935年6月29日 - 令和2年(2020年2月11日)は、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身のプロ野球選手(捕手)・コーチ監督野球解説者野球評論家タレント。愛称は「ノムさん」「ムース」。血液型はB型。妻は野村沙知代。息子に野村克則がいる。

略歴[編集]

京都峰山高校出身で、昭和29年(1954年)にテスト生で南海(現在のソフトバンクホークス)に入団する。3年目に定位置を獲得すると、強打の捕手として活躍した。昭和40年(1965年)に戦後初の三冠王を達成する。昭和45年(1970年)に選手兼監督となり、昭和48年(1973年)にリーグ優勝を果たした。打者をささやき戦術で翻弄し、「生涯一捕手」を貫いて千葉ロッテマリーンズ西武ライオンズと渡り歩いた。なお、南海監督時代に監督を解任されているが、これは愛妻の沙知代が自由に監督質に出入りするなど度重なる公私混同が批判されてのこととされている。

昭和55年(1980年)に45歳で現役引退する。選手としては3017試合に出場し、通算打率は2割7分7厘で、本塁打王になること9回(通算657本)、打点王7回(通算1988点)、首位打者1回、最多安打1回(通算2901安打)、MVP5回であった。ベストナインには19回選ばれている。なお出場試合・本塁打・打点・安打の通算記録は令和2年(2020年)2月の時点でいずれも歴代第2位の記録である。

引退後は解説者を務めたが、この際にテレビ中継でストライクゾーンを9分割した「野村スコープ」で配球を分析して評判となった。

平成元年(1989年)に殿堂入りを果たす。平成2年(1990年)にヤクルトスワローズの監督となり、リーグ優勝4度、日本一を3度果たした。これはデーター重視のID野球を掲げたのが一因である。

平成11年(1999年)から平成13年(2001年)まで阪神タイガーズの監督を務めたが、3年連続で最下位に終わっている。そして3年目の同時期、沙知代が脱税容疑で東京地検特捜部に逮捕されたことから、引責辞任に追い込まれた。

その後、社会人のシダックスの監督を経て、平成18年(2006年)から球団創設2年目の楽天イーグルスで、平成21年(2009年)まで監督を務め、楽天を2位に押し上げて球団を初となるクライマックスシリーズ進出を成し遂げている。監督時代の通算はリーグ優勝5回、日本一3回、1565勝1563敗76分であった。監督時代の勝利数は令和2年(2020年)2月時点で歴代5位である。

試合後のインタビューでの独特のぼやきも人気を集め、「ノムさん」の愛称で親しまれた。しかし晩年はおしどり夫婦として知られた愛妻の沙知代が平成29年(2017年)12月に85歳で死去するなど不幸もあった。

令和2年(2020年)2月11日午前3時30分、虚血性心不全のため、東京都世田谷区の自宅で死去した。84歳没。入浴中に倒れているのを家政婦に発見されて、自宅から病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。虚血性心不全は奇しくも2年前に死去した愛妻・野村沙知代と同じ死因であった。

外部リンク[編集]