川淵三郎

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg 川淵三郎
選手情報
本名 川淵三郎
英字表記 Saburo Kawabuchi
生年月日 1936年12月3日(84歳)
出身地 日本大阪府
ポジション フォワード
クラブチーム
1961-1970 古河
代表チーム
1958-1965 日本

川淵三郎(かわぶち さぶろう、1936年12月3日 - )は日本の元サッカー選手。サッカーJリーグ、及びバスケットボールBリーグの初代チェアマンを務めた。

2020年、森喜朗が自らの舌禍により、東京五輪招致委員会会長を辞任した際、後継に指名されたが固辞した。

クラブチームの統計[編集]

年度 リーグ 試合 得点
古河 リーグ
1965 JSL 14 3
1966 14 4
1967 14 1
1968 14 1
1969 12 1
1970 0 0
通算 68 10
総通算 68 10

代表チームの統計[編集]

日本代表
試合 得点
1958 2 2
1959 9 3
1960 1 0
1961 6 1
1962 6 2
1963 0 0
1964 0 0
1965 2 0
通算 26 8

関連ページ[編集]