道路

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

道路(どうろ)とは、屋外において一般交通の用に給する通路で、トンネル橋梁渡船施設、道路用エレベーターを含むものである。

歴史[編集]

大型動物が森林や草地を繰り返し同じところを歩いて低木や草本が踏み倒されてできた踏み分け道が道路の始まりである。やがて低木を斧で切り倒し、草本をかまで切って人工的な道を作るようになった。農業が始まり、交易が盛んになると道路を作る専門家集団が現れ、行政によって道路が整備されるようになった。

日本の道路の歴史[編集]

律令制度のもと、中央集権制度で、中央から地方に派遣される国司や軍隊の移動、商業活動のために京都から各地へ伸びる道路が整備された。道路は江戸時代にさらに整備され、宿場町が設けられた。明治時代に入ると各地の関所が廃止され、東海道の大きな河川にも架橋された。また、馬車大八車が通行できるように道路も改良された。その後、鉄道の整備が優先されて道路の整備は鉄道駅周辺を中心にされたが、トラックバス (自動車)が登場すると鉄道駅と各地を結ぶ道路の整備がされるようになった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]