墨田区

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

墨田区(すみだく)は、東京都特別区の一つ。

概要[編集]

東京23区の東部、隅田川荒川に挟まれたデルタ地帯に位置する。北は旧綾瀬川を挟み足立区、東は荒川を挟み葛飾区旧中川を挟み江戸川区と接している。東から南は北十間川横十間川竪川を挟み一部は地続きで江東区、西は隅田川を挟み台東区荒川区と接している。面積は13.77㎢。人口は2018年(平成30年)2月1日現在、26万9千120人[1]

中小の工場・住宅・商店が混在する。南部をJR総武本線が東西に通り、両国駅錦糸町駅が所在する。両国駅の北側に国技館江戸東京博物館東京都慰霊堂がある。錦糸町駅周辺は城東地区最大の繁華街・歓楽街で、錦糸町・亀戸副都心を形成している。北部に戦前から1958年(昭和33年)の売春防止法施行まで「玉の井」「鳩の街」と呼ばれる売春地帯が存在した。2012年に区の中央部にあたる押上東京スカイツリーが開業した。

歴史[編集]

1657年明暦3年)の明暦の大火がきっかけで南部に武家屋敷や寺社、町屋が移転した。この火事の犠牲者を供養するために建立されたのが回向院である。回向院の勧進相撲が発展し、1909年(明治42年)に旧両国国技館が建設された。1954年に台東区の蔵前に移転したが、1985年(昭和60年)に両国に戻った。

明治以降は工業化が進み、農村地帯であった北部も開発が進んだが、地下水の汲み上げによる地盤低下を引き起こした。1923年(大正12年)の関東大震災、1945年(昭和20年)の東京大空襲で大きな被害を受け、多数の死傷者が出た。1947年(昭和22年)に向島区と本所区が合併して墨田区が成立。区名は隅田川堤の通称である墨堤から「墨」、隅田川から「田」をとって名付けられた。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

東京都区部足立区 / 荒川区 / 板橋区 / 江戸川区 / 大田区 / 葛飾区 / 北区 / 江東区 / 品川区 / 渋谷区 / 新宿区 / 杉並区 / 墨田区 / 世田谷区 / 台東区 / 中央区 / 千代田区 / 豊島区 / 中野区 / 練馬区 / 文京区 / 港区 / 目黒区
多摩地域
市部昭島市 / あきる野市 / 稲城市 / 青梅市 / 清瀬市 / 国立市 / 小金井市 / 国分寺市 / 小平市 / 狛江市 / 立川市 / 多摩市 / 調布市 / 西東京市 / 八王子市 / 羽村市 / 東久留米市 / 東村山市 / 東大和市 / 日野市 / 府中市 / 福生市 / 町田市 / 三鷹市 / 武蔵野市 / 武蔵村山市
西多摩郡奥多摩町日の出町瑞穂町檜原村
東京都島嶼部
大島支庁大島町利島村新島村神津島村
三宅支庁三宅村御蔵島村
八丈支庁八丈町青ヶ島村
小笠原支庁小笠原村