英語

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
英語
基礎情報
話される場所イギリスアメリカ他多数の国家。
語族インド・ヨーロッパ語族
話者数5億3000万人
話者数の順位2
言語コード
ISO 639-1コードen
ISO 639-3コードeng

英語(えいご、English / the English language)は、インド=ヨーロッパ語族ゲルマン語派に属する言語[1]西ゲルマン語群に分類される言語であり、他の西ゲルマン語群にはドイツ語オランダ語などがある[1]

概要[編集]

かつてグレートブリテン島に侵入したアングロ・サクソン人が使用していた古英語を元に発達した言語。西ゲルマン語群の他の言語の中ではクレオールを除けばフリースラント語に最も近縁だと言われる[注釈 1][注釈 2]

他言語との比較[編集]

他の印欧系言語に比べて極端に簡略化された活用、多数の外来語[注釈 3]、及び極めて不規則な発音が特徴である。

西ゲルマン語群の中では最も孤立的(他言語地域の影響が少なく独自発展が目立つ)な傾向がある[1]。これは英語だけが地続きではなく島嶼地域のいわゆる「イングランド地方方言」として成立した経緯からで、他言語地域への連絡手段を海路しか持たない隔絶した地域内で独自に発展してきた言語であるが故の独立性であろう。

現状[編集]

日本語では発祥のイギリス(英国)の一文字を取って英語と呼ばれる。21世紀現在、イギリス以外には建国の歴史にイギリスからの影響が強いアメリカ合衆国オーストラリアニュージーランドカナダなどの国家で公用語として使用されているほか、また過去において大英帝国時代の大航海時代に影響のある、旧イギリス植民地支配地域においては第二公用語として用いられており、英語話者の世界総数は世界人口の約7分の1を占める[1]

方言[編集]

イギリスアメリカ合衆国では単語の意味が異なる。標準語をどこにおくのかも決まっていない。[注釈 4]

日本の英語[編集]

徳川家康の外交顧問のイギリス人が伝えたが、学問としてはそれ以前に伝わった可能性がある。1825年に起きたフェートン号事件により英語の研究がなされ、密航者のラナルド・マクドナルドによって、1848年に長崎で英語教育が開始された。他方、1853年黒船来航時、会話が不自由なく出来る通訳が充分に確保できず、オランダ語通訳を介した状況であり、英語の研究が急がれて、福沢諭吉のように蘭学者の転向も進んた。

明治時代に入って、学制が布かれると中学校では外国語の履修が必須となったが、英語もその中の一つに加えられ、訳読式で教育が実施された。また、明治初期の大学等の高等教育は外国語の講義も珍しくなかったため、知識を得るため英語は不可欠だった。その一方、高等小学校では英語の教科は設定されなかった。なお、英語教育が普遍化したのは戦後の教育改革で単線型教育の新制中学校で英語の教科が設定されてからである。明治以降、日本では一貫して訳読中心の英語教育が実施されたが、21世紀に入ると、聞き取りや会話教育が重視され、入学試験でリスニングが必須問題として実施されるようになった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典
注釈
  1. ただし、両者が分離して1,000年以上が経過するため両者間のコミニュケーションは困難である。
  2. 他の方言に比べて比較的初期に分離したスコットランド方言を独立した言語とみなす意見も多く、この場合スコットランド方言が英語に最も近い言語となる。
  3. 多くが上層言語のフランス語古ノルド語、及びラテン語などに由来するもので基層言語のケルト語由来の単語はほとんど存在しない。
  4. イスラミック・ステイツの戦闘員が「ロンドン訛りの英語」を話したとマスコミが伝えたが、これは「東京訛りの日本語」と同じ意味になる。