ロシア

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ロシア連邦から転送)
移動先: 案内検索

ロシア連邦(ロシアれんぽう、ロシア語: Российская Федерация、英語: Russian Federation)、またはロシア(Россия、Russia)は、ユーラシア大陸北部国に位置する国家。

概要[編集]

首都はモスクワ。国土面積は17,075,200km²と世界最大である。人口も約1億4000万人と多いが、人口密度は小さい。

飛び地(カリーニングラード州)を含めるとノルウェー王国フィンランド共和国エストニア共和国ラトビア共和国ベラルーシ共和国リトアニア共和国ポーランド共和国ウクライナグルジアアゼルバイジャン共和国カザフスタン共和国中華人民共和国モンゴル国朝鮮民主主義人民共和国と接する。また、海を挟んで日本アメリカ合衆国カナダグリーンランドとも接している。

現代日本語での漢字表記は露西亜、略称は露。

歴史[編集]

母体は、キエフ大公国ノブゴロド公国を経て、1547年にイヴァン4世(雷帝)がツァーリ(Czar、由来はCaesar=皇帝)を名乗ったことで成立したロシア・ツァーリ国だとされている。

後に1721年にピョートル大帝(1世)が称号をインペラ―トルに改称したことで正式にロマノフ朝ロシア帝国が成立した。以後ロシアは当方及び南方への進出を拡大し、不凍港の獲得を目指して来た。

1917年にロシア革命により帝政が崩壊し、1919年には世界初の共産主義国である、ソビエト社会主義共和国連邦へと変貌。第二次世界大戦後はワルシャワ条約機構を中心に、共産主義圏、所謂東側諸国の盟主として、米国と対峙した。二大国が直接的に戦火を交えることはなかったので冷戦と呼ばれているが、代理戦争として朝鮮戦争ベトナム戦争などが勃発したり、キューバ危機に代表される危機的状況に陥ったことは数度あった。

1991年にロシア・ソビエト連邦社会主義共和国が解体され、1991年12月25日にロシア連邦として成立。国名は1992年に正式に確定した。解体後も独立国家共同体の一員として、旧ソ連諸国に影響を及ぼしている。

政治[編集]

大統領を国家元首とする共和制を採用している。

ロシアの国家元首は、頭髪の量が多い者と少ない者が交互になるというジンクスがある(つるふさの法則)。現在の大統領ウラジーミル・プーチンは「つる」。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]