オランダ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オランダ(おらんだ、正式名称: Nederland)は、西ヨーロッパ(西欧)にある独立国である。面積41,526km2。人口16,485,787人。首都はアムステルダム。 レンブラント、フェルメール、ゴッホ等の日本でもなじみのある画家を輩出している[1]

概要[編集]

国名の由来は低い土地から来ているとされるが、日本語では一般的に「オランダ」で統一されている。政体は立憲君主制で、二院制オランダ王国の構成国でもある。首都はアムステルダム。また、さらに12の州に分かれ、その下には全441の自治体に分割される。

日本が鎖国中、来航を許した数少ない国家の一つである。[2]

第二次世界大戦中は中立国として存在していたが、アドルフ・ヒトラー率いるナチスドイツにより僅か一週間程度で占領下におかれた。大戦が終わると返還された。

国際機関[編集]

国際司法裁判所が有名であるが、法務関連の国際機関がハーグ市をはじめとするオランダに設置されている[3]

  • 国際司法裁判所(International Court of Justice)略称:ICJ[4]
  • 国際刑事裁判所(International Criminal Court)略称:ICC[5]
  • 常設仲裁裁判所(The Permanent Court of Arbitration)略称:PCA[6]

オランダは日本国内にあった?[編集]

独立国として長い歴史をもつオランダだが、ナポレオン戦争のときは地図上から消失した。フランスに占領されたためである。

そんななか、世界でたった一箇所、オランダ国旗が掲げられている場所があった。日本の出島にあるオランダ商館である。19世紀初頭のごく短期間、オランダは日本国内にのみ存在したのである[7]

脚注[編集]

  1. オランダという国 文化と芸術 視覚芸術”. オランダ大使館・オランダ総領事館. 2016年10月19日確認。
  2. キリスト教を積極的に布教しなかったためだと推測される
  3. オランダの国際機関”. 在オランダ日本大使館. 2016年10月19日確認。
  4. INTERNATIONAL COURT OF JUSTICE”. INTERNATIONAL COURT OF JUSTICE. 2016年10月19日確認。
  5. International Criminal Court”. International Criminal Court. 2016年10月19日確認。
  6. Permanent Court of Arbitration”. Permanent Court of Arbitration. 2016年10月19日確認。
  7. 日蘭交流の歴史”. オランダ大使館・オランダ総領事館. 2016年10月19日確認。