東ドイツ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東ドイツ(ひがしドイツ)とは、かつてヨーロッパ中北部に存在した国家である。正式な国名はドイツ民主共和国(ドイツみんしゅきょうわこく、German - Democratic Republic)という。国土面積は10万8178平方キロメートル。人口1988年の時点で1667万人。首都東ベルリン

概要[編集]

第2次世界大戦後、西ドイツ成立に対抗するため、ソ連占領地区が1949年10月社会主義体制の下に発足し、ドイツはこれにより東西に分断された。首都は東ベルリンと定められた。1950年経済相互扶助会議COMECON)に加盟し、1955年に西ドイツの北大西洋条約機構NATO)加盟に対抗して創設されたワルシャワ条約機構WTO)に参加する。1961年に西側への若年人口流出を防ぐ目的でベルリンの壁を構築し、東西冷戦の象徴となった。しかし冷戦終結による東欧民主化の流れの中、1989年ベルリンの壁が崩壊し、1990年10月に西ドイツに吸収という形でドイツは再統一され、東ドイツは事実上消滅した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • DDR Museum - ベルリンにある、ドイツ民主共和国に関する資料を展示している博物館(ドイツ語、英語)