第一次世界大戦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、英:First World War、World War I、WW1)とは、1914年7月28日に勃発した戦争である。

バルカン半島にてオーストリアの皇太子、フランツ・フェルディナントとその妻が暗殺され、不穏な空気が高まっていた。その後第一次バルカン戦争第二次バルカン戦争を経て発生した。

従来の戦争は1ヵ国対1ヵ国、そこに精々1国が支援する程度であったが、今回の戦争はヨーロッパの全域が戦場になった。

アメリカの参戦によって膠着状態が墜ち、1918年11月11日に連合国側の勝利によって終戦した。

7000万人以上の軍人が動員され、戦闘員900万人、一般市民・文民700万人が死亡した。産業革命による兵器の進化や、悲惨な塹壕戦が死傷者を増やした。

関連項目[編集]