第一次世界大戦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが第一次世界大戦の項目をおカタく解説しています。

第一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、英:First World War、World War I、WW1)とは、1914年7月28日オーストリア・ハンガリー帝国セルビア王国宣戦布告して勃発した戦争である。戦場はヨーロッパ全土を巻き込み、参戦国は全世界に広がる、文字通りの「世界大戦」であった。

概要[編集]

オスマン帝国の弱体化と民族自決の動きはバルカン半島での諸国の独立につながり、国境問題に端を発した第一次バルカン戦争第二次バルカン戦争でも諸国の不満は消えず、バルカン半島は「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれた。このような情勢の中、セルビアの首都サラエボを訪れていたオーストリアの皇太子、フランツ・フェルディナントとその妻が暗殺され、オーストリアは最後通牒を発した後、セルビアに宣戦布告、次いでセルビアと同盟関係にあったロシアがオーストリアに宣戦布告した。オーストリアと同盟関係にあったドイツはオーストリアとセルビアの2国間の問題に終わるよう期待していたが、ロシアの参戦により、ロシアに宣戦布告、ロシアと同盟関係にあったイギリスとフランスがドイツに宣戦布告し、戦場はヨーロッパ全土に広がった。戦争は国家の経済、科学、国民をも巻き込む総力戦となり、飛行船軍用機戦車潜水艦といった新兵器の登場、塹壕戦での膠着状態は戦争の様相を一変させた。また、戦争によりロシア革命が起き、戦後のアジア、アフリカ諸国の民族運動に大きな影響を与えた。

戦史[編集]

当初、兵士らは「クリスマスまでには帰れるだろう」と言って戦場に向かったが、これが4年間にも渡る多数の戦死者を出す大戦争になるとは思わなかった。西部戦線では塹壕に備え付けられた機関銃が敵の銃剣突撃を全滅させ、戦死者を多数出した。東部戦線ではドイツ軍が各地でロシア軍を破り、ロシアでは厭戦状態が広まった。オスマン帝国同盟国側に立って参戦、戦域はパレスチナやアラビア半島で行われたが、連合国側に有利だった。イギリス海軍による海上封鎖でドイツ国内の生活は窮乏し、これを打開するためドイツ海軍は連合軍に対する通商破壊のための無制限潜水艦作戦を実施、これは中立国をも対象としたため、ルシタニア号事件が起きた。これによるアメリカの参戦によって戦争は連合国側が圧倒し、さらにスペイン風邪の蔓延は参戦国が動員できる兵士の減少を招き、1918年11月11日にドイツの降伏による連合国側の勝利によって終わった。

日本の対応[編集]

日英同盟に基づき、ドイツに宣戦布告した。大日本帝国は、租借地であった膠州湾に出兵すると共に、海軍地中海では輸送、船団護衛の任務に就いたため、ドイツ海軍の潜水艦攻撃を受けた。陸軍、海軍は観戦武官をヨーロッパに派遣した。また、日本国内では未曾有の好景気に沸いた。戦後は国際連盟の委任でドイツ植民地だった南洋諸島の統治を任せられ、南洋庁が設置された。

ベルサイユ条約[編集]

同盟国側のヨーロッパ領土の民族ごとの国家独立。同盟国側の植民地を連合国側の委任統治領とすること、ドイツ軍の軍備制限。国際連盟の設立を行った。

被害[編集]

7000万人以上の軍人が動員され、戦闘員900万人、一般市民・文民700万人が死亡した。負傷者は2000万人、捕虜650万人。兵士の移動によるスペイン風邪の流行は全世界で多くの犠牲者を出した。

戦争の影響[編集]

戦争の長期化による不満がロシア革命を起こした。ドイツ革命により、ドイツ帝国は崩壊、オスマン帝国も領土は小アジアのみとなり、トルコ革命によって共和制となった。オーストリア・ハンガリー帝国はいくつもの国に分裂し、中世からヨーロッパを支配していた帝国は崩壊。最初に宣戦布告されたセルビアは事実上領土を拡大してユーゴスラビア帝国が成立した。戦後、参戦国が植民地に約束した自治を守らなかったため、民族運動が激化。パレスチナ問題の萌芽となり、現在のイスラエルとアラブ諸国の対立まで尾を引いている。

戦争によって職場から多くの従業員が兵士として駆り出され、その代わりに女性がその職に就くようになり、女性の社会進出が進んだ。19世紀以前の価値観が破壊され、婦人参政権運動が活発になり、実際、婦人参政権を勝ち取った国もあった。新しい文化も芽生え、衣服、礼儀作法にも影響を与えた。

第二次世界大戦へ[編集]

巨額の賠償金支払いを求められたドイツではインフレーションが加速し、経済が混乱した。それ以外のヨーロッパ諸国も不況に陥り、戦争の爪跡が大きかった。一方、アメリカ合衆国は国土に被害はなく、戦争によって経済が活性化し、株価も上昇していった。しかし、世界恐慌による社会不安を背景に全体主義が台頭し、民主主義の伝統に乏しい日本ドイツイタリアイギリスフランスブロック経済に対向し、失業者を弱小国への海外進出と軍需工場に求め、満州事変、チェコスロバキア分割、エチオピア戦争を引き起こし、第二次世界大戦の遠因となった。

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]