中華人民共和国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国の国旗
中華人民共和国の国章

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく)は、ユーラシア大陸アジア州又は東アジア(韓国、日本、モンゴル等)にある国家。首都北京台湾中華民国と区別するため、中共中国共産党の略称)で呼ばれることも多い。1949年10月1日毛沢東を中央政府主席として建国宣言が行なわれ成立した。

概要[編集]

地図

国土面積は3位ないしは4位の約9600,000km²。
[1] ユーラシア大陸の東部に位置し、モンゴル、ネパール、インド等と国境を接している。鴨緑江豆満江朝鮮民主主義人民共和国と国境を接している。豆満江の東側ではロシア連邦と国境を接している。首都は北京である。

国名[編集]

東アジアにある人民の共和制国家であるが、実施的に共産党一党政権と言う名の独裁政治である(政党は衛星党8党と共産党合わせて9つのみ)。日本では中国地方や、土地の中国と区別するために中華人民共和国と表記されている。しかしながら殆どの場合、中国と呼ばれる。

人口[編集]

世界最多の[2]13億人と思いきや滞在的な人口は中国政府にある程度操作されている為、実際の人口は不明。一人っ子対策でやらかしたため少子高齢化に悩まされている。

経済[編集]

中華人民共和国の首都は北京であるが、人口や経済規模では上海が遥かに上である。上海はアジアで最も栄えている都市とされ、地価は上昇して世界中から投機マネーが集まってくる一大経済都市である。2014年の「世界の高層ビル上位200位」では中華人民共和国のビルは62個ランクインしており、そのうち上海は13個ランクインしている。

ただしこの国は経済格差も激しく、中心街を外れると凄まじいギャップに見舞われる。共産主義国家であるが資本主義国家以上に貧富の差が大きい。その理由に中華人民共和国独特の戸籍制度がある。中華人民共和国では都市で生まれた「都市戸籍」と農村で生まれた「農村戸籍」がある。都市戸籍の場合は手厚い社会保障が約束されるが、農村戸籍の場合はまともな教育すら受けられない。仮に農村戸籍を脱するために都市に移ったとしても戸籍が変更できることは無く、生涯を通じてそのままであり都市に来ても劣悪な待遇を受ける場合がある。つまり生まれながらにして戸籍が決まっているため、格差が生まれているのである。

脚注[編集]

  1. アメリカと僅差
  2. 但し、将来的にインドが人口世界一になると考えられる。[1]