1521年

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
1501年 1551年
1502年 1552年
1503年 1553年
1504年 1554年
1505年 1555年
1506年 1556年
1507年 1557年
1508年 1558年
1509年 1559年
1510年 1560年
1511年 1561年
1512年 1562年
1513年 1563年
1514年 1564年
1515年 1565年
1516年 1566年
1517年 1567年
1518年 1568年
1519年 1569年
1520年 1570年
1521年 1571年
1522年 1572年
1523年 1573年
1524年 1574年
1525年 1575年
1526年 1576年
1527年 1577年
1528年 1578年
1529年 1579年
1530年 1580年
1531年 1581年
1532年 1582年
1533年 1583年
1534年 1584年
1535年 1585年
1536年 1586年
1537年 1587年
1538年 1588年
1539年 1589年
1540年 1590年
1541年 1591年
1542年 1592年
1543年 1593年
1544年 1594年
1545年 1595年
1546年 1596年
1547年 1597年
1548年 1598年
1549年 1599年
1550年 1600年

1521年(せんごひゃくにじゅういちねん)は、1500年代の21年目のことであり、日本元号では8月23日まで永正18年であり、それ以降は改元されて大永元年となる。室町幕府征夷大将軍は第10代(再任)の足利義稙であったが細川高国に廃されて足利義晴が第12代将軍へと代替わりする。朝廷天皇後柏原天皇である。

日本の出来事[編集]

  • 2月 - 高野山で火災が起こり、大塔や金堂以下伽藍300余り、塔19基、僧坊3900余り、仏像や経典など多数が被害を受け、僧侶の多くが火災に巻き込まれて亡くなる。
  • 3月 - 細川高国の専横に反発する将軍・足利義稙が和泉国、次いで淡路国に出奔する。後柏原天皇が即位22年にして即位式を行なう。
  • 6月 - 琉球王国国王尚真種子島忠時に交易することを許可する。
  • 7月 - 細川高国が播磨国より足利義晴を京都に迎える。
  • 8月 - 播磨国守護代浦上村宗守護赤松義村を殺害する。
  • 10月 - 足利義稙が淡路国より和泉国堺に戻るが、細川高国により追放される。
  • 12月 - 足利義稙の将軍職が廃され、足利義晴が将軍に就任する。

前後[編集]

前年 当年 後年
1520年 1521年 1522年