富山地方鉄道射水線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
万葉線から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

射水線(いみずせん)は、かつて富山県富山市新湊市(現射水市)を結んでいた富山地方鉄道鉄道路線

概要[編集]

射水線は利用者が多く、富山地鉄では優良路線だった。

だが、越ノ潟を開削した富山新港造成で邪魔な射水線の堀岡〜越ノ潟間が1966年に廃止。分断された格好となり、越ノ潟〜新湊間は、1959年に先行譲渡された新湊〜新高岡間と共に加越能鉄道に譲渡された。

新港開港に伴い、新港の東に富山新港東口駅を開設。分断を催促するも、迂回路線の建設に消極的だった富山県政は堀岡区と新湊を結ぶ県営フェリーを代替交通として設定したが、堀岡区から新湊へは鉄道と渡船と鉄道と2度乗り換える手間が生じ、利便性が低下したため利用者減少、さらに四方〜堀岡間は富山市と新湊市の境界付近で閑散地域であるためか利用者が少なめで、射水線は赤字路線に転落。そして1980年3月31日限りで全線廃止された。

廃線区間駅一覧[編集]

新富山 - 新富山北口-八ヶ山-八町-布目-鯰鉱泉-射水四方-打出浜-射水本江-練合-射水海老江-射北中学前-堀岡-富山新港東口(- 越ノ潟)

射水線跡バス専用道[編集]

廃止には反対もあったが、市民の廃止同意を取り付けるため、富山市街地へのモーニングラッシュ渋滞回避を名目として、射水線廃止に伴う八ヶ山から畑中付近の廃線跡の線路を撤去し、バス専用道とした。専用道内の八ヶ山駅跡に八ヶ山バス停が新設された。

ただ、専用道といってもモーニングラッシュのみの通行で、日中や夕夜、富山駅から四方方面へ向かう系統は この専用道を通行しなかった。八ヶ山バス停の終バスも朝8時台と早かったため、バスが翌朝まで来ないことを知る地域住民が歩道として使ったりした。

田刈屋付近のJR北陸本線を跨ぐところで、JR北陸新幹線が建設されることになり、その高架橋を低く作る他、重機を入れるスペースがないこと、並行して北陸線の下を潜る四車線立体交差道が開通、バスは田刈屋から一般道に入る経路に変更され、田刈屋以南は廃止され廃止区間の路盤は2007年くらいに撤去された。北陸新幹線の予算ケチったから犠牲になったのだ。

専用道に並行して四車線道路が開通したことで、車が分散されモーニングラッシュ時でも渋滞しなくなったたため、2012年3月31日をもって専用道は廃止された。

加越能譲渡区間[編集]

加越能鉄道は、利用者減少を理由に譲渡された区間(新湊港線、高岡軌道線)のバス転換を申し入れたが、新湊市と高岡市が第三セクター万葉線株式会社を設立。インフラを譲受して万葉線として引き続き運行している。

加越能駅一覧[編集]

越ノ潟-越ノ潟口-海王丸-東新湊-中新湊-新湊市役所-庄川口-六渡寺-中伏木-吉久-新吉久-能町口-米島口-新能町-荻野-旭ヶ丘-江尻-市民医院-志貴野中学-広小路-急患医療センタ-坂下町-片原町-末広町-新高岡