山口県

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまぐちけん
山口県
日本国旗.png日本
地方中国地方
人口1,381,584 人
面積6,112.53 km2
人口密度226 人/km2
公式サイトwww.pref.yamaguchi.lg.jp
備考ういろうの元祖を主張
Wikipedia-logo.png山口県

山口県(やまぐちけん)は、日本都道府県の一つ。

概要[編集]

中国地方にある都道府県の一つ。面積は6,112.30km²。県庁所在地は山口市。平成29年度現在、県内で人口が最大の都市は下関市、市町村別域内総生産(GRP)が最大の都市は周南市である。

地理[編集]

山口県は中国地方の最西部に位置し、東は広島県島根県に接している。北は日本海、西は関門海峡を隔てて福岡県、南は瀬戸内海に面している。人口分散型の県ではあるが、近年は人口減少率の違いから、相対的に山口市に一局集中する傾向にある。県内に複数の拠点を持っていた企業などが山口市に拠点を集約化する動きも見られる。

1871年(明治4年)廃藩置県に先んじて徳山藩を併合し、その後同年廃藩置県により山口県となる。さらに同年岩国県(旧岩国藩)、豊浦県(旧長府藩)、清末県(旧清末藩)も併合した。県庁所在地の「山口」の名をそのまま流用した。

気候は概して温暖で、風水害や地震も比較的少なく、住み良い県といわれている。約1,500キロメートルに及ぶ長い海岸線を持つ海は、穏やかな多島海美の「瀬戸内海」と、荒々しい浸食海岸美の「日本海」という異なった表情を持っており、北と南で全く違う海を見ることが出来る。 中国山地の西端に位置する山には、我が国最大のカルスト台地と鍾乳洞を持つ「秋吉台(あきよしだい)国定公園」がある[1]

文化[編集]

スポーツ[編集]

テレビ[編集]

山口県内にはFNN・TXNの系列局は存在しない。しかし、三方が海に囲まれているため、他県に比べて隣県のテレビ局やラジオ局の電波が届きやすく、自県に無い系列のテレビ局を受信している家庭が多い。例えば、岩国近辺では絵下山に電波を向けtssを、下関や宇部など山口西部では皿倉山に電波を向けTNC・TVQを受信している(tssやTNCでは、山口県の視聴者もいることから、ローカルニュース番組で山口県に関する話題を一部取り上げている[2][3])。

その一方で、ケーブルテレビの普及率が比較的高く[4]、特に県央部および宇部・美祢地域をエリアに持つ山口ケーブルビジョンではエリア内の加入率を75%以上と公表しており[5]、隣県の電波の受信が困難な県央部を中心に区域外再放送によってFNN・TXN系列テレビ局を視聴する家庭も多い。

脚注[編集]