島根県

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島根県(しまねけん)は、日本都道府県の一つ。

概要[編集]

県庁所在地は松江市。面積は6,708.24 km²[1]中国地方にある都道府県の一つ。

地理[編集]

島根県は中国地方の北部にあり、東は鳥取県に接して、西は山口県に接し、南は中国山地をへだてて広島県に接し、北は日本海に臨んでいる。 また、島根半島の北方40〜80キロの海上には、島前、島後などから成る隠岐諸島がある。 東西の距離(国道9号線・安来市〜津和野町間)は約230キロで、海岸線に沿った長さは約1027キロ(島根沿岸約562キロ、隠岐沿岸約465キロ)になる[2]

歴史[編集]

島根県は出雲・石見・隠岐の三国から成りたっている。神話の舞台となった出雲は、出雲大社をはじめ数多くの古社がある。石見には柿本人麻呂が国司として赴任している。日本海に浮かぶ隠岐は都びとの流人であった。このため、中央文化が流入し、数々の貴重な伝統文化を残している。

鎌倉時代、出雲、石見、隠岐の守護はいずれも近江の佐々木氏であった。彼らは、土着し有力在地領主となったが、石見守護は承久の乱で京方となって敗れたため、以後は在地土豪の益田氏が実質的な守護なった。 室町時代になると、出雲、隠岐守護には京極(きょうごく)氏、石見には大内氏が任じられた。応仁の乱後、下剋上となり、富田城を拠点とする京極氏の守護代尼子氏が急速に強大化し、出雲の砂鉄や石見銀山を手中に収め16世紀初めの最盛期には山陰、山陽にまたがる大戦国大名に成長した。しかし、1566年、安芸の毛利元就によって滅ぼされた。

関ヶ原の合戦後、出雲、隠岐の領主になった堀尾吉晴は、富田城を廃して松江に築城した。1638年、徳川家康の孫である松平直政が入城して親藩松江藩が誕生明治維新まで続いた。

石見は銀山領(天領)、浜田藩、津和野藩により統治されており銀山は17世紀前半最盛期を迎え、わが国最大の産出量となった。浜田藩主は幕末には親藩松平家となり、第2次長州征伐の際、長州の攻撃を受け浜田城は炎上した。津和野藩は坂崎出羽守に次いで亀井氏が藩主となるが、幕末には長州と結んで倒幕運動に参加した。 隠岐は天領に編入さていたが、松江藩預かり地の時代が長く藩代官の支配を受けていた。そのため維新期には島民の不満から隠岐騒動が発生した。

明治維新期の島根県の行政区域は複雑な変更が続いた。1869年2月隠岐県が成立、8月には浜田藩と隠岐県を含めた大森県がとなるが、1870年2月浜田県と改称、1871年6月には津和野藩も浜田県に編入された。 また、出雲では1871年の廃藩置県により、7月に松江、広瀬、母里の3県が成立したが、11月には3県合併して島根県となった。12月には、いったん島根県に編入されていた隠岐が鳥取県に移った。1876年4月には浜田県が島根県に編入、次いで8月には鳥取県も合併され、大島根県が誕生したが、5年後の1881年9月に鳥取県が再置され現在の島根県が成立した。

島根県の県名は、1871年11月に名付けらた。県庁所在地の松江市が古くは島根郡に属していたためだとされている。また、それまでの県名である松江県が使われなかったのは、明治維新の際に松江藩が倒幕に消極的な立場をとったためであると言われている[3]

文化[編集]

世界遺産[編集]

  • 石見銀山(文化遺産)

遺跡・名所[編集]

  • 松江城(国宝)
  • 出雲大社(国宝)



脚注[編集]

  1. 、人口71万人。少子化が進行しており、人口減少が課題になっている。 32 島根県Icons-mini-file acrobat.gif PDF”. 国土地理院. 2017年1月23日確認。
  2. 島根県のプロフィール 島根の位置”. 島根県. 2017年1月23日確認。
  3. 島根の歴史・文化”. 島根県. 2017年1月23日確認。