高速道路

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高速道路(こうそくどうろ)とは、自動車が高速走行可能な自動車専用道路。高速自動車国道。

概要[編集]

高速自動車道路とも通称される。 英語ではExpressway。短時間で遠い場所へ行くことができるので大変便利である。一般道路との出入り専用のインターチェンジ、高速道路同士で分岐するジャンクションを設置する。案内標識の色は緑色。高速道路は原則として信号機平面交差点を設けない。最高速度は時速100km/hである(ただし、追い越し車線では、実際の最高速度は105km/h?)。対面通行区間以外は時速60kmの最低速度の規定もある(この規定に該当しない道路は自動車専用道路〔地域高規格道路〕である。)。ETCゲートは約20km/h以下である。

歩道はなく、歩行者軽車両は通行不可。他に高速道路を走行不可能な車は、原動機付自転車、ミニカー、排気量125cc以下のオートバイである。

料金[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

注意事項[編集]

大雨の場合は、高速道路は通行止めになることもある。

構造[編集]

各車線の幅は、一般道路より広い。走行車線は左側で、右側は追越車線や、目的地の出口が右側にあるとき、合流車線での事故を防止のために走行するための車線である。料金所のブースは、一般車両は、ETCは

高速道路上の施設[編集]

高速道路の本線上では絶対駐停車をしてはならないため、パーキングエリア(PA)やサービスエリア(SA)といった休憩所などが設けられている。最近建設の新直轄区間では道の駅でPAを代用させる事例もある。

加えて、高速バス乗降の便宜を図るため、本線上から分岐するパスストップが設けられていたが、高速バスで拠点間直行が主力となるにつれ、名神北陸道東北道などでバスストップを多く閉鎖して、管理用施設に転換している。

さらに、約1km間隔で救援用の非常電話が設置されている。

沿革[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

その他[編集]

改名するべき高速IC・JCT[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


外部リンク[編集]


脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 静岡鉄道の鉄道駅が「静鉄◯◯駅」となれば別だが。