香川県

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

香川県(かがわけん)は、日本都道府県の一つ。

概要[編集]

面積は1,876.58km²(境界線が確定していない部分もある)。日本で一番面積の小さい都道府県である。かつては大阪府が日本で一番面積の小さかったが、境界未定部分の算出方法や大阪府の埋め立て地の増加などによって1988年に香川県が一番面積の小さい都道府県となった。

四国北東及び周辺の島々にある四国地方の県の一つ。徳島県愛媛県と接しており、瀬戸内海を介して岡山県とも接する。県庁所在地は高松市であり、四国地方の経済的な中心都市でもある。

明治4年(1871年)7月に廃藩置県が行なわれて高松県丸亀県が成立する。同年11月に高松県と丸亀県が統合されて香川県となった(第1次香川県)。普通はどちらかの県名を採用するものだが、両県の一方の名をとることはできないと判断されて県庁が置かれた香川郡の「香川」が県名に採用された。1年余り後の明治6年(1873年2月、香川県は徳島県とともに名東県という県に統合され、ここに香川県は消失した。なお、この際に淡路島小豆島が名東県に組み込まれ、四国は3県時代となる。

明治8年(1875年9月に旧香川県から猛烈な反対運動が起こって香川県復帰の高まりがあったため、香川県が復活した(第2次香川県)。この際、小豆島は香川県に編入された。明治9年(1876年8月、今度は香川県は愛媛県に編入されて消失する。同時に徳島県も高知県に編入されて四国は2県時代となる。この際に淡路島は四国から外されて兵庫県に編入された。明治13年(1880年3月、旧香川県と旧徳島県からの猛烈な反対運動のため、再度香川県、徳島県が成立(第3次香川県)。ここに四国は4県時代となり、現在の行政区分が成立した。

文化[編集]

食文化[編集]

ご当地グルメとしては讃岐うどんなどが知られている。うどんの消費量・生産量が共に国内1位となっている。「うどん県」と呼ばれているのは、食文化が根強いからかもしれない。

香川県を舞台とした作品[編集]

見どころ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]