大学

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大学(だいがく、:university,college)とは、学校教育法第52条で学術の中心として広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的および応用的能力を展開させることを目的とする高等教育機関のことである。

概要[編集]

在籍期間は4年間だが、医学部薬学部は6年間である。また在籍期間が2年間もしくは3年間の短期大学もある。大学院のみ設置している大学院大学もある。学部学科の設置状況によって単科大学(college)と総合大学(university)に、創立者の区分によって国立、私立、公立に大別される。

沿革[編集]

日本の大学[編集]

学制により定められた。帝国大学令の施行により帝国大学が設立された。大学令の施行により単科大学や公立や私立の大学も設立できるようになった。医科大学[1]以外は戦後の1947年3月まで大学令による旧制大学が建学したが、1947年4月の学校教育法施行により、以後に建学した大学は新制大学となった。

問題点[編集]

少子化により18歳人口が減少する反面、大学が次々と建学され、定員割れや運営難を起こす大学が増えている。

その他[編集]

大学に類似する教育機関[編集]

日本においては、学校教育法で一条校以外の「大学」使用が禁止されているが、「大学校」の名称には制約がないので、防衛大学校などの省庁大学校や高度専門教育を施す四年制の専修学校などで、「大学校」の名称を使う教育施設が存在する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. 医科大学は1950年まで旧制医学専門学校から昇格した旧制大学があった。