十勝総合振興局

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十勝総合振興局(とかちそうごうしんこうきょく)は、北海道振興局の一つである。

地理[編集]

北海道南東部。周辺の振興局は以下の通り。

十勝に隣接する振興局
オホーツク
上川 十勝 釧路
日高 太平洋

十勝川流域、十勝平野を中心としたエリアで、日高振興局とは日高山脈で、上川・オホーツク振興局とは石狩山地で、釧路振興局とは白糠丘陵で区切られている。最大都市は帯広市

歴史[編集]

江戸時代以前はメナシクル族が主に住んでいた。松前藩がトカチ場所と呼ばれる拠点を設けていた。明治以降、トカチ場所の管轄区域をもって十勝国が設置され、この範囲が後に十勝支庁、十勝総合振興局となっている。

なお足寄郡に限れば、釧路支庁から1948年に移管された地域である。

市町村一覧[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]