高等学校

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。

高等学校(こうとうがっこう)とは、中学校での教育を踏まえて、さらに高度の教育を実施する学校

概要[編集]

中学校を卒業した者を入学資格とする。日本では義務教育の枠外で、学校教育法成立以前に存在し、高等教育を施した旧制高等学校と、学校教育法成立以後の中等教育を施す新制高等学校があり、両者は全く性質の異なる学校である。
なお、中等教育学校は別ページとする。

現行の高等学校[編集]

以下を参照。

旧制高等学校[編集]

1872年学制により、小学校中学校実業学校専門学校大学が設立された。小学校を卒業した者は中学校に進学し、中学校を卒業した者は三年制の「高等中学校」に進学し、そこを卒業すると大学に進学した。「実業学校」に対する「高等実業学校」があるのと同様のことである。やがて、高等学校令の発布により高等中学校は中学校から独立し、新たに「高等学校」と名称を変更した。

高等学校は高等学校令第一条に「男子ニ対スル普通教育」と記されているとおり男子のための学校であり、女子に門戸は開かれていなかった[1]。当初は官立のみであり、医学科や工科といった普通教育を行わない学科も設けられたが、普通教育を行う高等科以外は廃れて、9番目以降に設置された地名高校以降は高等科のみの設置が殆どとなった。大正期以降には、公立[2]、私立[3]も認められた。この他に高等学校に類似する教育機関としてほとんどの私立大学と北海道帝大が有していた大学予科がある。これは高等学校とほぼ同じ教育内容だったが、その大学への入学が原則であり、帝国大学への入学は定員割れがないと入学試験を受験しなければならなかった。高等学校の定員と帝国大学の定員はほぼ同じだったため、高等学校の卒業生は進学先さえ選ばなければ無条件で帝国大学に進学できた。このため日本各地に十代後半から二十歳の知的エリートをとどまらせることができ、地方文化の向上に大いに貢献した。

旧制高等学校の制度[編集]

高等学校には本科である高等科のほかに、尋常小学校4年終了時に入学する2年制の予科、4年制の尋常科、1年制の専攻科を置く。予科と専攻科は設置されなかった。尋常科は尋常小学校を卒業した者が入学する4年制で、これは中学校を4年で修了したものと同等とされた。しかし、公立と私立は尋常科を置いたが、官立は東京高校を除いて、ほとんど置かれず、尋常科を置くことを原則とした制度から乖離した姿だった。高等学校の入学試験は難易度が高く、浪人生も多く出た。生徒の出身校は尋常科や中学校の他、実業学校高等学校入学資格検定合格者、専門学校入学資格検定合格者もいたが、数は少なかった。生徒は将来の進路を考えて文科理科に分かれるが、いずれも外国語を重視し、英語ドイツ語フランス語のいずれかを第一外国語に学んだ。生徒の生活は独特の文化を持ち、寮生活、インターハイ高専柔道のほか、様々な言葉や思想を生んだ。太平洋戦争開戦後、1943年学制改革により修学期間が2年に短縮された。徴兵年齢が19歳に引き下げられ、さらに、1944年、理工系と教員養成系を除く学生、生徒の徴兵猶予が停止され[4]、大学生、高校生、専門学校生がペンを銃に代えて戦場に赴いた。学徒出陣である。しかし、入営しても古参兵から煙たがられることが多かった。多くの高校生が在校中に戦死した。

旧制高等学校の終焉[編集]

太平洋戦争敗戦後、1946年に修学期間が3年制に戻った。高等学校令第一条が改正され、女子の入学も可能になった。さらに、一部の医学専門学校が施設の不備により廃校となり、これらの校舎と組織を転用して戦後設置の旧制高等学校(特設高校)が登場した。しかし、これらの旧制高等学校も高等教育大学一本化の方針とした学制改革により、新制大学の文理学部教養部に移行し、さらに、官立高等学校は、国立総合大学(戦前の帝国大学)、国立単科大学専門学校師範学校と合併して国立大学の一部となり、在校生徒の卒業をもって廃校となった。「高等学校」の名称は旧制中等学校を母体とする後期中等教育を受け持つ新制学校に使われることになった。旧制高校廃校後は旧制高校の制度を懐かしむ出身者によって「日本寮歌祭」が開催され、現在に至っている。

旧制高等学校を廃校に追い込んだのは[編集]

旧制高等学校が廃校となったのはGHQという意見があるが、むしろ、私立の大学・旧制専門学校の関係者がGHQを動かして、戦前の旧制私立高校の設置抑制[5]官尊民卑で辛酸を舐めた状況の解消を狙ったという意見も多い。
他の旧制学校が曲がりなりにも現在も続いていたり、旧制高等工業学校復活を望む財界の要望で高等専門学校の制度ができた一方、戦後直後の大学学部で医学部進学コースや理学部乙などの名称で生じた2年制医歯学部対応課程を短期大学に改組して旧制高校を事実上復活する構想はボツになってしまい、旧制高等学校は、新制の東大高進学実績中高一貫校に活路を見出した武蔵高校尋常科を前身とする武蔵中学・高等学校や、旧制東京高校の跡地と尋常科の系譜を継承した東京大学附属中等教育学校以外は、完全に埋没してしまった。
大学での教養教育も軽視されて、大学設置基準の大綱化後、東大、北大を除いて教養部自体も解体され、旧制高等学校の伝統はほぼ消えてしまった。

高等学校の生徒が登場する作品[編集]

旧制高校
  • 川端康成『伊豆の踊り子』
  • 井上靖『北の海』
  • 早坂暁『ダウンタウン・ヒーローズ』

参考文献[編集]

  • 百瀬孝『事典昭和戦前期の日本』吉川弘文館
  • 百瀬孝『事典昭和戦後期の日本』吉川弘文館
  • 竹内洋『立身・苦学・出世』講談社現代新書1991年2月20日第1刷発行

脚注[編集]

  1. ただし、高等女学校高等科は2年制で、高等学校と同等の組織とみなされた。
  2. 富山県立富山高等学校 (旧制)1943年に官立移管。
  3. 学習院高等科は高等学校と同様な学校とみなされた。
  4. 中学生は22歳まで、高校生は23歳まで、大学生は26歳まで徴兵猶予されていた。仮に徴兵猶予の後に徴兵検査を受けても軍としては年上のエリートが入営することを好まず、実際は徴兵されることはなかった。
  5. 官立大学教育機関の資質保障から、私立の旧制高校設置には国庫への多額の供託金が必要で、旧制高校設置を断念した法人もあった。