地上デジタルテレビ放送

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地上デジタルテレビ放送(ちじょうデジタルテレビほうそう)とは、デジタル方式のテレビ方式である。高品質放送高品位放送とも言う。略は「地デジ」。

日本でのデジタル放送[編集]

日本では2003年12月に地上デジタルテレビ放送を開始。当初はアナログテレビ放送とサイマルで放送した。全国のアナログ放送終了日は2011年7月24日午後0時で、この時間を境にアナログ放送は終了し、2011年7月25日以降、完全に地上デジタル放送になり、当日中はデジタルテレビ視聴を促す表示が出た。しかし、一部地域では2010年に全国に先駆けて停波したところもある(石川県珠洲市)。東日本大震災における被災3県岩手県宮城県福島県)では2012年3月31日に停波した。
さらに、受像機の買い替え需要が追いつかないことが予想されたため、ケーブルテレビでは、2015年3月まで信号をアナログに変換して再放送することが認められ、「デジ・アナ変換」を実施した。

中国のデジタル放送[編集]

CCTV軍事農業チャンネルでは、2014年に高品位放送を開始した。