大相撲

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが大相撲の項目をおカタく解説しています。

大相撲(おおずもう)は、プロの相撲。日本相撲協会による興行。単なる競技スポーツや興行ではなく、相撲が本来持つ伝統芸術や神事性などの文化の振興と、次世代への継承を図る日本相撲協会の基幹事業である。

概要[編集]

興行・神事武道としての相撲全般や関係者を大相撲というが、現在では日本相撲協会主催の興行や関係者(角界と呼ばれることもある)を指すことが多い。
おおよそ1分を超える相撲対戦に対しても「大相撲」という言葉が用いられている。

法人概要[編集]

  • 法人名 - 公益財団法人日本相撲協会
  • 発足日 - 1966年4月1日(1925年創立の大日本相撲協会を改称)

法人理事[編集]

  • 理事長 - 保志信芳(元横綱・北勝海
  • 事業部長(事実上の副理事長)- 吉永一美(元大関・霧島
  • 巡業部長 - 綛田清隆(元関脇・栃乃和歌
  • 広報部長 - 青木康(元横綱・大乃国
  • 審判部長 - 杉野森正也(元横綱・旭富士
  • 同上 - 鎌谷満也(元関脇・琴ノ若
  • 教習所長 - 坂爪忠明(元関脇・太寿山
  • 地方場所部長
    • 大阪 - 久我準人(元前頭・北勝鬨
    • 名古屋 - 小岩井昭和(元前頭・小城ノ花
    • 九州 - 小林秀昭(元関脇・両国

評議員[編集]

公益財団法人に転換後に配された非常勤の役職。過去には現役親方の一部が本名で就いていたが、2018年より現役親方の任命は無くなった。

沿革[編集]

初代両国国技館が終戦直後に米軍に接収された後、蔵前国技館で本場所興行を行っていたが、日本国有鉄道自動車局の土地を購入して両国国技館を完成させた。

番付[編集]

大相撲では、実力に応じた番付と呼ばれる格付けを行って、主に6つの枠の中で対戦を行わせる。上から幕内十両幕下三段目序二段序ノ口に分かれてそれぞれの枠内で対戦をすることになる。その中でも、幕内、十両の力士関取として一人前の力士として扱われる。

幕内の番付は、上から横綱大関関脇小結前頭の順番であり、三役(大関・関脇・小結)以下の力士はすべて前頭となる。幕内力士の前頭は「平幕」と呼ばれることが一般的。昇進していくためには勝ち越しが必要であり、逆に負け越しとなると降格してしまう。しかし、「番付は生き物」という言葉に代表されるように、勝ち越したからといっても他の力士が同じ地位で勝ち越ししたときと同じように昇進できるわけではなく、横綱・大関や十両への昇進では揉めることもある。

番付は成績に基づき、千秋楽終了3日後に、協会審判部が主宰する番付編成会議で編成され、会議終了後、十両は昇進力士が公表され、関脇力士の大関昇進や横綱審議委員会の推挙を得た横綱昇進は協会理事会に諮られ、昇進が決まると昇進伝達式で当該力士に伝達される。

入門した力士は前相撲を経て序ノ口に番付が載る。ただし、付け出し資格を持つ者は前相撲を経ずに、三段目最下位、もしくは幕下15枚目格(但し、幕下15枚目よりは下位の番付)、幕下10枚目格とされる。付け出し資格はアマチュア選手権、国民体育大会成年の部、学生選手権、社会人選手権によって、幕下は1年以内の優勝、三段目最下位は1年以内のベスト8以内であることが条件である。ただし、大学生の場合、卒業を優先し、付出資格獲得の翌年以降にタイトル獲得ができない場合、前相撲から始めることになり、即入門に踏みきりやすい社会人より不利である。

番付上の出身地[編集]

番付掲載や本場所で放送される出身地は相撲協会に登録された地[注 1]が使われる。特に東京都区部出身力士の場合、父母の出身地が用いられることが多い。これは、「江戸の大関よりクニの三段目」のことわざがあるように、地方巡業ではいわゆる「クニモン」力士が人気を集めやすいことや後援会が結成されやすいことが要因である。

大相撲の興行[編集]

本場所[編集]

最初は1年に2場所であったが、徐々に場所数が増加してゆき、昭和33年(1958年)から年6場所制となった。

巡業[編集]

2月以外の本場所の無い月は、もう一つの興行の柱である巡業が行われる。

花相撲[編集]

番付編成に反映されない相撲場所を花相撲と呼ぶ。以下の著名なものや引退相撲が該当する。

  • 大相撲トーナメント:フジテレビ等が主催。2月開催
  • NHK福祉大相撲:2月開催
  • 全日本力士選士権大会:10月開催

[編集]

  1. 例えば稀勢の里は出生地の芦屋市でも、中学時代を過ごした龍ケ崎市でもなく、入門時に実家のあった牛久市を出身地としている。

外部リンク[編集]