大相撲

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

大相撲(おおずもう)は、日本相撲協会による興行

概要[編集]

興行・神事武道としての相撲全般や関係者を大相撲というが、現在では日本相撲協会主催の興行を指すことが多い。おおよそ1分を超える相撲対戦に対しても「大相撲」という言葉が用いられている。

番付[編集]

大相撲では、実力に応じた番付と呼ばれる格付けを行って、主に6つの枠の中で対戦を行わせる。上から幕内十両幕下三段目序二段序の口に分かれてそれぞれの枠内で対戦をすることになる。その中でも、幕内、十両の力士は関取として一人前の力士として扱われる。

番付は、上から横綱大関関脇小結前頭の順番であり、三役(大関・関脇・小結)以下の力士はすべて前頭となる。幕内力士の前頭は「平幕」と呼ばれることが一般的。昇進していくためには勝ち越しが必要であり、逆に負け越しとなると降格してしまう。しかし、「番付は生き物」という言葉に代表されるように、勝ち越したからといっても他の力士が同じ地位で勝ち越ししたときと同じように昇進できるわけではなく、横綱・大関の昇進では揉めることもある。

大相撲本場所[編集]

外部リンク[編集]