J3リーグ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サッカーボール.jpg 明治安田生命J3リーグ
日本
大陸連盟 アジア
開幕年 2014年
チーム数 19チーム
レベル 3部リーグ
上位リーグ J2リーグ
下位リーグ 日本フットボールリーグ
オープン杯 天皇杯全日本サッカー選手権大会
2020年優勝 ブラウブリッツ秋田
今年度 2021

J3リーグ日本プロサッカーリーグ (Jリーグ) における3部リーグ。

概要[編集]

2014年に創設され、リーグ発足当初から明治安田生命保険がタイトルパートナーに就任[1]明治安田生命J3リーグ (MEIJI YASUDA J3 LEAGUE) として開催されている。

運営上J1からJ3までを日本プロサッカーリーグが一体的に扱っているものの、正式にはJ1とJ2のみが「Jリーグ」として扱われ、J3は「J3リーグ」という全く別物である(アマチュア1部と同格の扱い)とする見解がある(Jリーグを事業モデルとして構築されたバスケットボールのBリーグに於いても、B1・B2とB3は別個のリーグと位置づけられ、Jリーグと異なりB3は運営団体が異なるほかアマチュアも参加できる)。以下のような事例がある。

  • 国際サッカー連盟(FIFA)・アジアサッカー連盟(AFC)によるクラブライセンス認証はJ2格までしか通用しない[2]
  • 明治安田生命がリーグ全体のタイトルパートナー就任以降も各リーグのロゴで明確に区別されている[3]
  • FUJI XEROX SUPER CUPで関連イベントして行われている「Jリーグマスコット総選挙」がJ3にも開放されたのは2017年だが、集合写真撮影参加はJ2まで(例として降格によりこの年をJ3で迎えたギラヴァンツ北九州のキャラクター・ギランは、新制度に救われ前年に続きエントリーし43位に入ったが、当日の撮影には参加できなかった。一方で愛媛FCのキャラクター・伊予柑太はそのギランに敗れ44位となったが、チームがJ2に残留していたため撮影には参加できた)
  • 天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権 におけるシード権がJリーグクラブはJ1・J2にしか与えられておらず、J3リーグのクラブは都道府県予選からでないと参加できない。
    • ただし2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で天皇杯のレギュレーションが変更となり、同年に開催される第100回大会はJ3の上位1チームに出場権が与えられる予定である。この1チームは準々決勝から出場予定。
  • Jリーグの公式ホームページがリニューアルされる前は、J3リーグ専用のホームページが存在した。リニューアルに伴いJ1・J2・J3が同じホームページとなっている。

U-23チームの参加[編集]

2016年から、J1・J2クラブの23歳以下の選手によるチーム (U-23) の参加が認められ、FC東京ガンバ大阪セレッソ大阪の3クラブのU-23チームが参加した。

2020年、新型コロナウイルスによる過密日程などを理由にFC東京U-23が参加辞退及び活動終了を発表。この時点で2020年のJ3はまだ開幕していなかった。

2019年のチーム[編集]

歴代優勝・J2昇格チーム[編集]

優勝チームは太字で表示。

脚注[編集]

  1. 明治安田生命は翌2015年にJリーグ全体のタイトルパートナーに就任し、J1・J2も 「明治安田生命J1 (J2) リーグ」 の名称で開催されるようになった。
  2. ただし、J3のクラブがJ1ライセンス・J2ライセンスを取得することは可能。
  3. 具体的には、J1は赤・J2は緑の外枠の中にJリーグのロゴが入り、ロゴ上部に 「明治安田生命J1 (J2) LEAGUE」 と書かれているのに対し、J3は黒の外枠の中に白抜きのJリーグロゴ、その横に3と書いてあり、ロゴ上部に 「明治安田生命 J3 LEAGUE」 と書いてある。
  4. ただしJ2ライセンスを持っていなかったため、J2昇格はできなかった。

関連ページ[編集]


Jリーグ - 2021
J1北海道コンサドーレ札幌 | ベガルタ仙台 | 鹿島アントラーズ | 浦和レッズ | 柏レイソル | FC東京 | 川崎フロンターレ | 横浜F・マリノス | 横浜FC | 湘南ベルマーレ | 清水エスパルス | 名古屋グランパス | ガンバ大阪 | セレッソ大阪 | ヴィッセル神戸 | サンフレッチェ広島 | 徳島ヴォルティス | アビスパ福岡 | サガン鳥栖 | 大分トリニータ
J2ブラウブリッツ秋田 | モンテディオ山形 | 栃木SC | 水戸ホーリーホック | ザスパクサツ群馬 | 大宮アルディージャ | ジェフユナイテッド千葉 | 東京ヴェルディ | FC町田ゼルビア | SC相模原 | ヴァンフォーレ甲府 | 松本山雅FC | アルビレックス新潟 | ツエーゲン金沢 | ジュビロ磐田 | 京都サンガFC | ファジアーノ岡山 | レノファ山口FC | 愛媛FC | ギラヴァンツ北九州 | V・ファーレン長崎 | FC琉球
J3ヴァンラーレ八戸 | いわてグルージャ盛岡 | 福島ユナイテッドFC | YSCC横浜 | AC長野パルセイロ | カターレ富山 | アスルクラロ沼津 | 藤枝MYFC | FC岐阜 | ガイナーレ鳥取 | カマタマーレ讃岐 | FC今治 | ロアッソ熊本 | テゲバジャーロ宮崎 | 鹿児島ユナイテッドFC
J3リーグ歴代優勝チーム
2010年代2014: ツエーゲン金沢 | 2015: レノファ山口FC | 2016: 大分トリニータ | 2017: ブラウブリッツ秋田 | 2018: FC琉球 | 2019: ギラヴァンツ北九州
2020年代2020: ブラウブリッツ秋田
関連項目:J1リーグ - J2リーグ - Jリーグ杯 - 天皇杯 - スーパー杯 - AFCチャンピオンズリーグ