中部地方

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中部地方(ちゅうぶちほう)とは日本の本州の中央部を占める地方。

定義[編集]

中部地方の定義は色々あり、新潟県富山県石川県福井県岐阜県長野県山梨県静岡県愛知県の9つの都道府県を指すこともあるが、富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県の東海北陸6県を指す場合もある。新潟県と長野県と山梨県は甲信越地方と呼ばれることもあり、山梨県は関東地方に含まれる場合もある。

歴史[編集]

古くは東海道 6ヵ国(尾張・三河・遠江・駿河・伊豆・甲斐),東山道 3ヵ国(美濃・飛騨・信濃),北陸道 6ヵ国(越前・加賀・能登・越中・越後・佐渡)からなり,江戸時代には東海道,中山道,甲州街道,北陸道などの主要街道の整備に伴い,畿内(山城・大和・河内・和泉・摂津)と東国を結ぶ交通の要衝であった。

実態[編集]

中部地方全体としてのつながりはほぼ無い。概ね、以下の3地域に分類される。

  • 甲信越+静岡(新潟・長野・山梨・静岡)・・・基本的に親東京で、関東地方の周縁部という扱い。いずれも関東との交流が多く、4県間の相互の交流は少ない。新潟は、直線距離では東京より仙台に近いが、基本的に親東京である。
  • 北陸(富山・石川・福井)・・・東京、名古屋、大阪とも微妙な距離が離れていて、独自の地域圏を形成している。
  • 東海(岐阜・愛知・三重)・・・名古屋、および親名古屋の地域。名鉄・近鉄の走っているエリアで、中京圏とも言われる。静岡も東海地方に含めることが多いが、静岡は名古屋より東京寄りのスタンス。

学校の地理では、以下のやや無理のある区分がよく使われる。

  • 北陸(新潟・富山・石川・福井)・・・新潟と富山の間に難所「親不知」がある関係で、無理の多い分類。
  • 中央高地(山梨・長野・岐阜)・・・岐阜は濃尾平野の低地に位置し、親名古屋である。
  • 東海(静岡・愛知)・・・静岡は名古屋色より東京色が強い。