高等専門学校

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)とは、日本学校教育法第1条に規定された学校の1種である。深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成することを目的とすることが学校教育法第70条の2で規定されている。

昭和36年(1961年)に創設され、前半の3年間は後期中等教育、後半は高等教育に相当する。戦後の単線型学校制度に分岐を設ける点で論争が行なわれた。修業年限は5年である。ただし商船に関する学科については5年6ヶ月と学校教育法第70条の4で規定されている。卒業した者は大学に編入学することができることが学校教育法第70条の9で規定されている。

特色として、5年間の一貫教育、および専門教育の充実が挙げられ、また卒業生に対する需要は当初は大きかった。しかし高校の進学率が高まり、大学が拡充されていくにつれて、生徒にとって魅力のある学校づくりが求められるようになっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]