近畿地方

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近畿地方(きんきちほう)は日本の地方区分の一つ。関東地方に次ぐ日本第2の経済圏を有している。

概要[編集]

近畿という地名はいわゆる奈良時代に定められた五畿七道畿内に由来する。畿内とは都とその周辺地域を指す名称で、大和国山城国摂津国河内国和泉国(現在の奈良県大阪府京都府南部、兵庫県南東部)が含まれていた。その畿内に「近い」地域を加えて近畿地方と呼ぶようになったと言われている。 現在では一般的に大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県三重県の2府5県を指すがその範囲は一定ではない。特に三重県は東海地方に含む場合があり、除かれることが多い。逆に福井県徳島県を含む分け方もある。 余談であるが「Kinki」は英語で「変態な」を意味する「Kinky」と音が似ているため英語話者に誤解を与えることがある。

「関西」との違い[編集]

近年では「近畿地方」に代わって「関西地方」という名称が使用される場合があるがこの2つは必ずしも同義ではない。 端的に言うと「近畿」は京都を中心とした地域区分で「関西」は大阪を中心とした区分という違いがある。 というのも「近畿」は先述のように都(≒京都)を中心にした区分であるが「関西」は畿内と東国を分けていた鈴鹿関などの関所の西側という考え方で分けられたものである。つまり「関西」はもともと関東地方から見た区分であり、「近畿」に比べて後年に生まれたゆえにその時代の中心都市である大阪を中心に区分されているのである。 「関西」という呼称はこの地域の独自の文化や歴史にプライドを持つ人々からは好まれていなかった。しかしこの地方の中心都市が大阪に移り変わっていくにつれて受け入れられ、現在では「近畿」より「関西」のほうが多用される傾向にある。一般的に行政などの公的な場では「近畿」、文化や歴史について触れる場合は「関西」と使い分けが進んでいる。

区分[編集]

2府4県

大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

一般的な「近畿地方」

2府4県+三重県

その他の場合の近畿 2府4県+福井県(三重県を含むかは場合による)

関西

2府4県+徳島県鳥取県(三重県を含まないことが多い)

「近畿」を冠する施設、組織[編集]

「関西」を冠する施設、組織[編集]

関連項目[編集]

日本の都道府県一覧
北海道北海道 (石狩 / 空知 / 後志 / 渡島 / 檜山 / 胆振 / 日高 / 上川 / 留萌 / 宗谷 / 北見 / 十勝 / 釧路 / 根室)
東北地方青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 福島県 / 秋田県 / 山形県
関東地方茨城県 / 千葉県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 東京都 / 神奈川県
中部地方岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 長野県 / 山梨県 / 新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県
近畿地方三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 奈良県 / 和歌山県 / 大阪府 / 兵庫県
中国四国地方鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県
九州地方福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県