大津市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

大津市(おおつし)は、滋賀県南西部に位置する滋賀県の県庁所在地である。中核市

概要[編集]

滋賀県南西部の旧志賀郡の全域と旧栗太郡の一部を市域としている。古くから東国から京への入口として歴史上重要視されてきた交通の要衝の街であり、現在も東海道本線東海道新幹線名神高速道路国道1号線が市域を通過している。また、市内には寺社仏閣が多いことでも知られ、延暦寺三井寺日吉大社石山寺が位置している。中心街はかつては官公庁が集中する大津駅周辺や浜大津地区とされることが多かったが、現在は隣接する京都市など京阪神への交通アクセスが向上したことで商業の拠点としての立場を失い、中心街の空洞化が進んでいる。一方、大津京地区や瀬田地区などの中心街から離れた地区が京阪神のベッドタウンとして開発され、新たな人の流れが生まれている。

大津は景行天皇成務天皇仲哀天皇の3帝の時代に「近つ淡海の志賀里に高穴穂宮を造営した」とあるのが、大津の歴史の始まりである(『記紀』)。これは真偽が怪しまれているが、大津市一帯に分布する古墳群に関してはこの地がかなり古くから高度な文化圏に属していたことを物語っている。

地域[編集]

大津

JR大津駅周辺。県庁や大津地裁などの官公庁が集中するビジネス街。

浜大津

かつての中心街。中世より大津港は琵琶湖交通の拠点として栄えた。

石山

瀬田川右岸の地区。石山寺で有名だが、現在は東レの企業城下町である。

瀬田

瀬田川左岸の地区。南側は滋賀医科大学龍谷大学を中心とした琵琶湖文化ゾーンという文教地区になっている。

大津京(別名「皇子山」)

JR湖西線大津京駅付近。地名の由来は天智天皇の時代に置かれた近江大津宮。以前は西大津と呼ばれていた。

膳所

JR膳所駅周辺。PARCO西武がある商業地区。膳所茶のブランドのお茶がある。

堅田

市北部の中心。琵琶湖大橋で対岸の守山市と結ばれている。

坂本

JR坂本駅周辺。比叡山延暦寺へ向かうケーブルカー乗り場がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]