赤羽線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア赤羽線の項目があります。

赤羽線(あかばねせん)は、池袋駅赤羽駅を行ったり来たりするだけの国鉄路線……だったが、今では埼玉と東京を結ぶ大動脈・埼京線の一部となっている、JR東日本の路線。

全線が電化・複線化されている。

概要[編集]

東京駅なき時代、南の玄関は新橋駅、北の玄関は上野駅と離れていた。そこで1885年東海道本線東北本線を接続する路線として、赤羽駅から品川駅までを「山手線」として建設することとなった。このような経緯から、現在の山手線となる池袋駅 - 田端駅が建設された際には、この区間は山手線の支線とされた。

その後、東京駅が開業し、東京駅と上野駅の間もつながった1925年、山手線は現在のように環状運転を行うこととなった。これ以降、池袋駅 - 赤羽駅間は支線同然の扱いとなり、たった4駅を行ったり来たりするだけになった。「赤羽線」はこのときに呼ばれ始めた通称であったが、1972年には品川駅 - 池袋駅 - 田端駅が「山手線」の本線となり、池袋駅 - 赤羽駅間は「赤羽線」が正式名称となった。

そんなこんなで60年も4駅を行き来していた赤羽線に機運が訪れるのは1985年埼京線開業。大宮駅から赤羽駅までを東北本線の別線として建設し、川越線と赤羽線に乗り入れることとなった。このときから、旅客向けに「赤羽線」と案内されることはなくなり、「埼京線」の一部として案内されることとなった。

以降の運行の概要については「埼京線」を参照

以来、赤羽線という名を表に見せることなく、埼玉県から新宿方面への通勤需要を支え続けている。

駅一覧[編集]

関連項目[編集]

  • 埼京線
  • 目蒲線物語 - 赤羽線曰く「余った電車で繋ぎ合わされているから 赤だの黄色だの緑だのってバランバラン」という歌詞が登場する。