太平洋戦争

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太平洋戦争(たいへいようせんそう、英:Pacific War)とは、第二次世界大戦のうち、主に太平洋上での戦場の呼称。

概要[編集]

日本時刻1941年12月8日宣戦布告され、1945年8月15日停戦。主に大日本帝国アメリカ合衆国が、地球上で一番広いである太平洋を挟んで戦争した。こんな事態は先にも後にも無く、人類史上初めての規模だった。

太平洋戦争と言っても枢軸国(ドイツ・日本・イタリア)と連合国(イギリス・アメリカ等)に分かれて行われた第二次世界大戦に含まれる戦争になるため、戦場は太平洋上に限定はされない。

1945年8月15日正午の玉音放送で、昭和天皇が敗戦の事実を国民に呼びかけた。

呼称について[編集]

日本はこの戦争の事を「大東亜戦争(だいとうあせんそう)」という名で呼んでいたが、戦後GHQにより禁じられたため、主に「太平洋戦争」と呼ばれるようになった。単に「第二次世界大戦」と呼ばれる事もあるが、それだとヨーロッパ戦線も含んでしまうという難点がある。

実質的にはアメリカ側の視点での命名「Pacific War」の日本語訳と思われ、日本側の視点での命名ではない点に注意が必要。

 太平洋戦争 = 大東亜戦争 - 日中戦争 という感じ。

特徴[編集]

緒戦は日本側が有利に進み、中盤から連合国側が有利に進んだ。航空母艦とその艦上機の活躍が目立ち、潜水艦による通商破壊も行われた。戦艦が次々に沈められ、大艦巨砲主義が終焉を迎えた戦争でもあった。太平洋上の島々を巡る合戦が続き、海上輸送の重要さが際だった。

広島長崎原子爆弾が投下され、日本とアメリカの戦争は終局を迎えた。双方にかなりの戦死者が出た事も記憶されている。

原爆投下はアメリカの大統領「ハリー・S・トルーマン」の承認によるものという話はあるが、記録は無いとする意見も有る[1]。米軍の独断によって投下されたとする説もあるようだ。実際のところはトルーマンが諮問委員会に判断を仰ぎ、陸軍長官が議長を務める諮問委員会が投下の意図を示し、それをトルーマンが承認したというプロセスになる模様[2]

日本は途中から制空権を喪失し、米軍機にとってはやりたい放題になっていた模様。

YouTube 動画リンク

また、日本は終戦を「8月15日」としているが、アメリカをはじめとする連合国側では9月2日(or3日)とされている[3]

さまざまな戦局[編集]

数年に渡った戦争であり、幾つもの戦局で構成される。

他国への影響[編集]

日本軍占領でオランダ植民地から一時解放され、独立国となるきっかけになった模様。日本降伏後に勃発した独立戦争には旧日本軍人からも参加者がいた。

戦争の原因[編集]

  • 1943年当時の大日本帝国では、戦争の原因は『米英が自国の繁栄のために東アジア全般を隷属化しようとする野望』と分析していた模様[5]
  • 大日本帝国の「東アジア全般を米英から解放する」という野心に対して、米英は抵抗せざるを得なかった模様[6]

その他[編集]

日本政府が無条件降伏した1945年8月15日以降も、以下のような無条件降伏反対を主張する騒動が起きている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが大東亜戦争の項目をおカタく解説しています。
他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク ¦チャクウィキ