寛文

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寛文(かんぶん)とは、1661年4月25日グレゴリオ暦1661年5月23日)から1661年9月21日(グレゴリオ暦1673年10月30日)までの元号である。この間の日本天皇後西天皇霊元天皇である。

概要[編集]

万治4年(1661年)4月25日に寛文元年と改元された。改元の理由は万治4年1月15日内裏が炎上したことである。寛文の出典は式部権大輔菅原為庸の勘申によるもので、『荀子』致士編「節奏陵而文、生民而安、上下安、功名之極也」とされる。

寛文13年(1673年)9月21日に延宝と改元された。

この時代は仙台藩寛文事件と称される御家騒動が発生している。また寛文3年(1663年1月26日に後西天皇の譲位により、識仁親王が霊元天皇として践祚し、4月27日に即位式を挙げている。