近代

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが近代の項目をおカタく解説しています。

近代(きんだい)とは人文科学の歴史の時代区分である。

概要[編集]

近世現代に挟まれた時代区分である。時代区分は、古代中世近世近代現代と分けられる。唯物論的史観論は最近批判されているが、時代区分としては便利なのでここでは批判せずにそれに従って記述する。

始期[編集]

  1. 市民革命による絶対王政の終焉。
  2. 憲法の発布、議会の開設、行政権から独立した裁判所の設置。
  3. 中央集権体制の統一国家の成立。
  4. 上記を達した国家との間に近代的条約の制定。
  • 以上が近代の始まりと解される。

各国の始期[編集]

日本[編集]

黒船来航1853年日米和親条約締結の1854年大政奉還1868年大日本帝国憲法発布、帝国議会 (日本)開催の1889年と意見が分かれる。[1]

終期[編集]

第二次世界大戦の終結した年である1945年とされている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. 1889年は独自研究。参考文献なし。