平安時代

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平安時代とは、日本の時代区分である。

概要[編集]

京都が日本の中心であった、9-12世紀を指す時代区分である。 一つの時代区分としては400年と長く、醍醐天皇村上天皇など一部の例外はあったが、平安時代中期は藤原摂関家、後期は上皇法皇といった元天皇、末期は武士上がりの平清盛と権力者が何度も入れ替わった。その間に、天皇の権力は落ちていき、多くの天皇が権力者の傀儡であった。結局、武力を持つ者が権力を握る様になり、源頼朝鎌倉を拠点に支配する様になってからは、鎌倉時代と呼ばれる。 奈良時代に頻繁に行われた遣唐使は、平安時代には2回しか派遣されなかった。その中で、日本独自の文化が花開く様になった。

期間[編集]

始まり[編集]

長岡京から平安京に遷都した794年。平城京から長岡京に遷都した784年とすることは少ない。

終わり[編集]

かつては、源頼朝が征夷大将軍に任命された1192年とされていた。征夷大将軍就任自体に大きな意味は無いが、1192が「いい国」と読め、語呂が良いから[要出典]1192年が鎌倉時代の始まりとされた。現在では、鎌倉幕府の政治体制が事実上揃った1185年とされることが多いが、諸説ある。

権力の変遷[編集]

当初は天皇にも権力があったと思われるが、藤原家の勢力が徐々に強まっていった。特に第56代清和天皇は9歳で即位し、事実上藤原良房が権力を握っていた。しかし、まだ皇族と藤原氏のパワーバランスは流動的で、10世紀あたりでも醍醐天皇村上天皇は天皇親政を行ったとされる。

10世紀半ばを過ぎると、短命の天皇が続いたこともあり、藤原家が権力を握り、藤原家の傀儡天皇が幼少で即位することが多かった。当時の貴族は母方の実家で育つことが多く、母方の親戚の強い影響下に置かれることが多かった。藤原家は、娘を皇室に嫁がせ、息子が生まれると幼少のうちに天皇に即位させることにより、天皇の母方祖父として権力を維持することに成功した。11世紀前半、藤原道長の時代が絶頂期であったとされる。

しかし11世紀後半、母親が藤原家出身で無い後三条天皇が即位した所で流れが変わり、藤原家の権力は落ちていく。次の白河天皇は長生きした一方で、早々に隠居して上皇法皇となり、若年の天皇に変わって権力を握った。これを院政と呼ぶ。以降同様に、若くして隠居して傀儡天皇を据える例が増えた。

一方地方では、荘園の領地争いなどで武士が登場していた。特に、下級武士が地方に下って武士の棟梁になるケースが多かった。その中で台頭したのが伊勢平氏河内源氏で、いずれも地方で多くの武士を従える一方で、上皇や摂関家といった上級貴族の警護役も務めていた。その中で、12世紀半ばになると、上級貴族同士の争いに武力を用いることが増え、貴族お抱えの武士同士での戦争が発生した(保元の乱平治の乱)。この中で伊勢平氏平清盛が台頭し、武力を背景に上皇・法皇をもしのぐ権力を手にして、武士が上に立つ世の中が始まった。しかしその伊勢平氏も結局貴族化してしまい、地方武士の不満は高まる一方であった。その中で、関東の武士が、河内源氏の嫡流である源頼朝をかついで反乱を起こし、伊勢平氏は滅亡、鎌倉幕府の時代が到来することとなる。

宗教・文化[編集]

遣唐使は2度しか派遣されなかった。しかし遣唐使の中に最澄空海がおり、での留学経験も踏まえて天台宗真言宗を創始した。

9世紀後半に、遣唐使は廃止され、日本独自の文化が花開く時代となった。源氏物語枕草子の世界である。

平安時代末期には、世の中が退廃しきっているという末法思想が広がり、その影響で仏教の新宗派が多数誕生し始めていた。これらは鎌倉仏教に分類されるが、浄土宗臨済宗が平安時代末期に誕生している。

平安時代の世界[編集]

中国は、の末期、北宋、その後の南宋並立時代に相当する。日本とは、唐とは遣唐使で、南宋とは日宋貿易での関わりが強かった。

東南アジアでは、平安遷都とほぼ同時期に、シュリーヴィジャヤ王国からクメール王朝が独立し、インドシナ半島を支配下に置いた。アンコール・ワットアンコール・トムといった巨大寺院群が作られた。

中東はアッバース朝の時代で、9世紀初めに最盛期を迎え、千夜一夜物語が生まれた。しかし、その後は衰退・分裂していき、10世紀後半には宗教的権威を持つのみとなっていた。北アフリカで10世紀初めに起こったファーティマ朝はエジプトを中心に支配していたが、12世紀後半にアイユーブ朝が取ってかわった。

近東では、ビザンツ帝国が古代ローマ以来の最盛期を迎えた。バルカン半島や小アジアなど、地中海東部を支配していて、事実上ヨーロッパ最大の国であった。

イベリア半島はイスラム王国である後ウマイヤ朝の支配下にあり、アッバース朝に劣らぬ反映を見せていた。しかしその後崩壊し、小国に分裂。この間にレコンキスタが進み、12世紀にはキリスト教国の支配地が多くなり、イスラム教世界は半島南部に留まっていた。

脚注[編集]