グレゴリオ暦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グレゴリオ暦(グレゴリオれき)とは、現在、日本を含む世界中のほとんどの国で採用されている太陽暦であり、ユリウス暦を改良して1582年に採用されたものである。ユリウス暦では、4年に一度の閏年しか定められていなかったため、ユリウス暦が制定されて1600年以上経った16世紀後半には実際の天体の運動とのずれが10日を超えていた。このため、グレゴリオ暦では西暦年を400で割って100、200、300のいずれかが余る年は閏年ではなく平年とすることとした。また、すでに蓄積されているずれは、グレゴリオ暦の導入時に、1582年10月3日の次の日を同年10月14日とすることによって修正した。グレゴリオ暦はカトリック国から徐々に広まり、20世紀初頭には世界のほぼ全ての国が採用した。