津島市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津島市
日本国旗.png日本
地方中部地方
所属愛知県
人口約6万 人
Wikipedia-logo.png津島市

津島市(つしまし)は、愛知県の尾張地方にあるである。海部地域に属する場所。人口は約6万人。海部津島広域行政圏の中心で、国や県の施設も立地する。あいち海部農協海部東農協の本部も置かれている。

歴史[編集]

津島は古くから開けた土地であった。そのため戦国時代には津島神社門前町湊町として栄え、織田信秀信長父子が支配下に置くと、この地域は織田氏戦国大名化する過程でその経済力が大いに後ろ盾になった。

江戸時代になると東海道の熱田・桑名間の七里の渡しより危険の少ない脇街道佐屋路の宿駅となる。佐屋路は熱田・岩塚・万場・神守・佐屋に通じ、佐屋川を舟で桑名に出てお伊勢参りをする人々によく利用されたため、往来客で賑わった。なお江戸時代前期は津島から天王川を舟で下ったが、寛文7年(1667年)から街道としての渡舟場は佐屋(愛西市佐屋町佐屋)に移ったので、佐屋川を下るようになった。

近世にはから佐織縞・白木綿などが盛んに作られていたが、明治期には片岡春吉の影響もあり綿織物から毛織物に転換した。現在では、津島市の工業生産額のおよそ20パーセント余り[1]を毛織物が占めている。他に特産品としてあかだくつわ、団扇が有名である。

江戸時代後期にはその繁栄が目覚しく、「尾西第一の大邑にして、縦横の町並五十余街、商家農工軒をならべ、万物一として足らざることなく、しかのみならず、美濃路、伊勢路への舟行、日毎に絶ゆる事なければ、諸国の旅客ここにつどいて繁昌大方ならず、げに一都会ともいうべし」と『尾張名所図会』に記録されているほどである。

明治に入ると1898年弥富〜津島間に尾西鉄道が開通し、1900年に現在の県立津島高校の前身の愛知県立第三中学校が開校しており、津島の街のポテンシャルの高さを示している。一方で、江戸末期まで津島の水運を支えた佐屋川は1899年に廃川となり水運は廃れた。

大正期の1913年、所属郡がそれまでの海東郡から海部郡となったが、郡制廃止まで海部郡役所が津島町に置かれた。

昭和22年(1947年)3月に市制施行されて津島市が誕生する。昭和30年(1955年)に神守村を編入し、翌年に永和村の一部を編入した。一方、平成の大合併に際しては市域の拡大は行われていない。

地理[編集]

当市の見所としては、尾張津島天王まつりで知られる津島神社をはじめ、市の歴史を物語る古刹・社寺も多く、桜の美しい天王川公園などもある。特に尾張津島天王まつりは祭りの際に訪れる観光客が多い。

名古屋市に向かって名鉄津島線が走っており、弥富市一宮市に向かって名鉄尾西線が走っている。両者は津島駅で接続している。
JR関西本線永和駅が市域の南東に接近しているが、ギリギリ市域をかすめていない。

見どころ[編集]

特産品[編集]

年中行事[編集]

人口・面積[編集]

  • 人口は6万4041人。
  • 面積は25.08平方キロメートル。

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 平成7年(1995年)調査による
名古屋市*千種区
その他市部*豊橋市
  • 岡崎市
  • 一宮市
  • 瀬戸市
  • 半田市
  • 春日井市
  • 豊川市
  • 津島市
  • 碧南市
  • 刈谷市
  • 豊田市
  • 安城市
  • 西尾市
  • 蒲郡市
  • 犬山市
  • 常滑市
  • 江南市
  • 小牧市
  • 稲沢市
  • 新城市
  • 東海市
  • 大府市
  • 知多市
  • 知立市
  • 尾張旭市
  • 高浜市
  • 岩倉市
  • 豊明市
  • 日進市
  • 田原市
  • 愛西市
  • 清須市
  • 北名古屋市
  • 弥富市
  • みよし市
  • あま市
  • 長久手市
  • 愛知郡*東郷町
    西春日井郡*豊山町
    丹羽郡*大口町
  • 扶桑町
  • 海部郡*大治町
  • 蟹江町
  • 飛島村
  • 知多郡*阿久比町
  • 東浦町
  • 南知多町
  • 美浜町
  • 武豊町
  • 額田郡*幸田町
    北設楽郡*設楽町
  • 東栄町
  • 豊根村