犬山市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
犬山市
日本国旗.png日本
地方中部地方
所属愛知県
人口7万4000 人
Wikipedia-logo.png犬山市

犬山市(いぬやまし)は、愛知県にある市。尾張地方の北部に位置する。人口は7万4000人。

名称[編集]

全国で唯一名称に「犬」が付く自治体であるが、日本モンキーパーク日本モンキーセンターなど「猿」に関する施設が多い。「犬猿の仲」ということわざがあるが、犬山市立図書館には猿文庫と犬文庫と犬猿が隣に並んでいる。

地理[編集]

市域の西部は濃尾平野の一部をなす平地が広がっているが、市域の東部は山地であり、尾張富士(275m)、本宮山(293m)、八曽山(327m)などがある。これらの山に囲まれた場所には愛知県最大の知障である入鹿池(いるかいけ)があるが、入鹿池は全国有数の規模を持つ農業用ため池である。

歴史[編集]

近世には犬山城城下町として栄えた。犬山城は「現存天守12城」のひとつであり、国宝に指定された5城(犬山城、姫路城松本城彦根城松江城)のひとつである。毎年4月には「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されている犬山祭が盛大に行われる。城下町には古い町並みが残っており、「尾張の小京都」とも呼ばれる。名古屋市からのアクセスも良いことから、愛知県民にとって手ごろな観光地として人気を集めている。

交通[編集]

愛知県の最北端に位置する自治体であり、犬山駅を中心として東西南北に名鉄の路線が走る交通の要衝である。木曽川を隔てて岐阜県と接しており、北に向かう名鉄犬山線が岐阜県各務原市に通じているほか、東に向かう名鉄広見線が岐阜県可児市に通じている。西に向かう名鉄犬山線は愛知県丹羽郡扶桑町に、南に向かう名鉄小牧線は小牧市に通じている。

小泉総理似の市長[編集]

1995年から2006年まで市長だった石田芳弘は、内閣総理大臣を務めた小泉純一郎に似ていることで多数の票を集め、30人学級の導入などの教育改革を行った。2007年には愛知県知事選挙に出馬したが現職の神田真秋に僅差で敗れている。2009年から2011年には衆議院議員を務めた(1期)。2011年には名古屋市長選挙に出馬したが現職の河村たかしに大差で敗れている。

外部リンク[編集]