織田信長

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Wikipedia-logo.pngウィキペディア織田信長の項目があります。

織田 信長(おだ のぶなが、天文3年5月12日1534年6月23日) - 天正10年6月2日1582年6月21日))は戦国時代から安土桃山時代に実在した武将戦国大名。正二位、贈従一位。

三英傑の1人であり、今川義元を討ち、斎藤義龍亡き後混乱を極めた美濃国を制圧し、足利義昭を奉じて上洛を成し遂げてその後見人となる。後に義昭と対立して義昭を追放し、室町幕府を滅ぼして織田政権を樹立する。武田勝頼長篠の戦いで破るなど、周辺の強豪勢力を次々となぎ倒しあるいは服従させて天下統一まであと一歩までに迫るも、重臣の明智光秀の謀反にあって京都本能寺自害を余儀なくされ、その政権は家臣の豊臣秀吉徳川家康に継承されてゆくことになった。

生涯[編集]

岐阜駅前の信長像

天文3年(1534年)、織田信秀の嫡子として出生した。信長は元服すると濃姫斎藤道三の娘)を娶り、父の死後家督を継いだ。信長は「うつけ者」としての評判が広く知られており、林秀貞らのように離反する家臣も少なくなかった。信長はそれらを各個撃破して尾張の統一を進め、弘治元年(1555年)には清州城承録2年(1559年)に岩倉城を落として尾張と織田氏を統一した。この過程で長槍と鉄砲を主体とする家臣団の形成が進んでいった。

永禄3年には織田領に侵攻してきた今川義元桶狭間の戦いで破って討ち取り、徳川家康と同盟を結んだ後に美濃攻めを開始した。中濃攻略戦堂洞合戦関・加治田合戦)により、佐藤忠能加治田衆が内心し中濃を支配。その後、西濃西美濃三人衆西美濃四人衆)が味方となり、永禄10年に斎藤龍興を追放して斎藤氏を滅ぼし、稲葉山城に拠点を移して岐阜城と名称を改めた。義弟である斎藤利治を美濃国要地の加治田城主に任命し美濃斎藤氏後継者とした。この頃から信長は天下布武の印判を使用し、天下を意識し始める。

永禄11年には室町幕府の将軍足利義昭が助けを求めてきたため、信長はこれを擁して上洛を目指した。信長は近江の六角氏などを下して一気に京都へ駆け込み、義昭を将軍に据えた。しかし、この直後から義昭は反信長の行動を始め、石山本願寺やその他大名に打倒信長を呼びかけた。そのために信長は元亀10年に義昭から実権を奪い、裏切った妹婿浅井長政朝倉義景姉川の戦いで破るなど、反信長勢力との戦いが続いた。同時期には長島一向一揆伊勢国で発生し、信頼の厚かった織田信興(信長の弟)が自害するなど信長は苦戦を強いられた。元亀2年には浅井氏に内通した比叡山延暦寺を焼き討ちするなどしている。

元亀3年には三方ヶ原の戦い西上作戦中の武田信玄に敗れており、周辺大名と次々に敵対した。天正元年には足利義昭が挙兵して牧之島城に篭った。しかし武田信玄が病死して信長包囲網に陰りが見え、これを好機と捉えた信長は義昭を攻めて鞆の浦に追放し、室町幕府を滅ぼした。さらに同年のうちに浅井朝倉両氏を攻め滅ぼし、天正2年には長島一向一揆、天正3年には越前一向一揆を鎮圧、同年には長篠の戦い武田勝頼を大敗させた。

天正4年、周辺の敵をひとまず殲滅した信長は拠点を移すことにし、近江に安土城を築き始め、同時に美濃と尾張を妻・濃姫の養子として嫡男の織田信忠に割譲した。又、義弟斎藤利治を信忠付き側近に任じ、斎藤利堯も信忠付き重臣とした。信長の領土は大きく拡大したが、ここにきて石山本願寺の顕如(光佐)が挙兵し、それを毛利輝元が公式に支援して敵対の意思を明確にした。そこで信長は羽柴秀吉を毛利征伐に、明智光秀波多野氏征伐に派遣し、自らは本願寺征伐を担った。松永久秀別所長治荒木村重などの謀反によって毛利征伐はやや頓挫したが、天正8年に本願寺と毛利氏を引き離すことに成功、遂に本願寺は降伏した。

天正9年には京都で大規模な馬揃えを行って権力を見せつけ、天正10年には武田勝頼を滅ぼし、次には長宗我部征伐も計画していた(実現されなかった)。同年の6月2日、京都の本能寺に宿した際、信長は秀吉の援軍に向かったはずの明智光秀の襲撃を受けた。信長は明智の大軍に敗れ、自害した。享年49。同時に二条城では信忠と利治も自害と忠死した。(本能寺の変)。 大正6年(1917年)11月17日に正一位が追贈された。

人物[編集]

信長は六角定頼が原型を作った楽市楽座や、検知指出、関所撤廃などの先進的な政策を敷き、中世の権門に大打撃を与えた。一方、信長の統治は派遣先の武将に全権限を与えず、信長個人による先制支配の色彩が強めで、統治の方法は従来の戦国大名と酷似していたといえよう。織田の支配が信長の死後すぐに瓦解したのはそのためである。また、信長の性格について宣教師ルイス・フロイスは「長身で痩せていて、髭は少ない。甲高い声の持ち主であった。武芸を好み、粗野であった」と記している。 一般的なイメージは江戸時代に誕生した「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」のように残忍なイメージで通っておる。

官位と通称など[編集]

  • 幼名は吉法師(きっぽうし)。
  • 通称は三郎。
  • 官位は上総介、弾正忠、参議、権大納言、右大将、内大臣、正二位、贈従一位、太政大臣。

なお、よく創作で使用される第六天魔王(第六天魔王信長)は本来仏敵に対して使用される仏教名で、「天台座主沙門信玄(天台宗座主門下の信玄)」を名乗った武田信玄に対して信長本人が自ら名乗った自称。ウィキペディア日本語版によれば1573年4月20日付ルイス・フロイス書簡に載っているそうだ。

詳細は「jawp:武田信玄#逸話」を参照

信長の健康状態について[編集]

他者の意見をほとんど聞かず、時折には激怒したり、裏切者や抵抗勢力には容赦の無い大量虐殺や残虐な報復を繰り返していることから、自己愛性パーソナリティ障害の疑いがある[1]。また、落ち着きなく動き回ったり、他者の話をまともに聞けないなどの症状も伝わっており、これらは注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状の疑いがある[2]。失望や不満を感じると突発的な暴力性を発症させたり、他者との共感性に乏しく暴力の犠牲になった者が怯え苦しむことに満足したり、母親の土田御前に疎まれて充分な愛情を受けていないことなど、伝えられる性格や環境などから精神障害の疑いもある[2]

明智光秀の謀反により本能寺で自害を余儀なくされてその覇道を終焉させた信長であるが、仮に光秀が謀反を起こさずに延命したとしてもそこまで長命を保つことができたかには疑問が持たれている。下戸に近いほど酒に弱く、若い頃から乗馬を好んで駆け回り身体をよく動かすなど自ら摂生して運動もしているのだが、一方で三好氏の料理人が薄味の料理を作った際にそれを好まず塩分の強い食事を好んだこと、もともと出身地の尾張の料理自体が塩分の濃い物が多くて信長もその影響を強く受けていた可能性、せっかちで癇癪持ちで激昂しやすい性格、朝早くに目覚めてしまうという不眠症の疑いなどが残された史料などから読み取れる。これらの症状は信長が高い可能性で高血圧を患っていた可能性を示すものであり、仮に謀反で殺されなくても50歳を超えた時点で脳溢血心筋梗塞で死去していた可能性がある[3]。信長本人も人生50年を強く意識しており、何らかの体調不良を押し隠していた可能性はある。

人物像[編集]

かつては同時代、世界的に見ても他に匹敵する者はいないほどの天才性を秘めており、日本を近世に導こうとしたいわゆる「信長神話」が主流を成していた。近年ではその評価の見直しが進められ、「信長の事績は大したことはない」「家臣に離反され続け、自らも謀反により殺された統制力の無い人物」など揺り戻しが起こっている。その結果として「信長はそこまでの人物ではない」という評価が成されつつある。後世の虚飾などを廃して信長の真実性を追究することは難しい事であるが、やはり当時の日本に大きな影響を与えて最先端の政治や軍事を成していたのは事実であり、戦国時代を終焉に導くきっかけを作り上げたのは信長であると見なければならない。「信長神話」では何事も信長が創始した、とされていたが、実際には楽市楽座や大規模な城郭造営などは他の戦国大名も行なっていたことであり、信長が創始したわけではない。ただ、信長がその政策に着目してさらに改良を加えて最大の効果が上がるようにしたのは紛れも無い事実で、それを可能にした信長の柔軟さなども着目するに値する。

家臣団統制に関しては能力主義で人材を登用し、中央集権的な封建体制を築こうとした、というのがこれまでの主流になっていた。しかし近年では見直しも行なわれ、池上裕子などが「信長は尾張国美濃国の人物だけを重用して他は軽視した」などと評したりもしている。しかし権力基盤の強化を図るために地元の人材を重用するのは当たり前で、これは豊臣秀吉徳川家康にも言えることであり、そこまで信長が酷い地元重視をしていたとは思われない。また家督相続争いの際の柴田勝家などを除けば譜代の家臣で信長に反逆した者は皆無に近く、ほとんどが別所長治松永久秀波多野秀治、そして明智光秀といった濃尾制圧以後の外様によって起こされている。ただ、これらを外様を必要以上に重要視したため起こされたと見るべきか、赴任先で大名化した武将らが自主独立的に大名化していったと見るべきかで意見は分かれており、信長の家臣団統制に何らかの問題があったのは間違いない。信長没後にその所領が重臣らによって勝手に分割されたことも信長の家臣団統制の限界を示していると言えるが、これは信長と同時に優秀な嫡男である信忠まで死去していたことも少なからず影響している可能性がある。

評価[編集]

同時代人による信長の評価は次の通りである。

  • 上杉謙信は信長の上洛を知った際、「武将の興起は天命によるものであり、一個の人間の力ではなし難い面がある。相模国北条氏康甲斐国武田信玄、そしてわしのごときは弓矢を取っては他家からの辱めを受けたことがなかった。しかし、辺要を守って京都への軍旅はままならなかったため、いたずらに歳月を過ごした。(略)信長ひとり都に近い国に生まれ、地の利を得て、美濃国の斉藤が横暴を働いているときに乗じて、これを滅ぼし、武道も末となった近江国の六角を圧倒し、大業の半ばを成就した。信長は果報な武将である(『北越家書』)。

余談[編集]

余談であるが、織田信長の子孫を自称している元フィギュアスケート選手の織田信成の真偽は不明であり、しばしば議論が繰り広げられていた。

脚注[編集]

  1. 和田秀樹 『日本史100人のカルテ』(宝島社。2017年12月)102頁。
  2. 2.0 2.1 和田秀樹 『日本史100人のカルテ』(宝島社。2017年12月)103頁。
  3. 和田秀樹 『日本史100人のカルテ』(宝島社。2017年12月)104頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]