出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(し)とは、規模の大きな地方公共団体に与えられる行政区分名である。

概要[編集]

人口3万人以上の自治体につけられる行政区分名。現在、日本の面積の半数以上が市に属している。

歴史[編集]

1889年(明治22年)の市制により、全国の主要都市が「市」という行政区分となり、より離脱した。1889年に市制が施行されたのは全国40市で、市が1つのみのが大部分であった他、埼玉県のように市の無い県や県庁所在地以外で市制が先行した県もあった。また市の範囲も、現在よりずっと狭く、ほぼ市街地に限られていた。
その後徐々に市の数は増えていき、1924年(大正13年)に宮崎市都城市が誕生したことにより、全ての県に市が存在する様になり、昭和になると市を複数持つ県の方が多くなったが、山梨奈良徳島高知の4県は太平洋戦争終結時まで県庁所在地のみの1県1市だった。

その後、昭和の大インフレ合併により、状況は一変。急行が停車するレベルの中規模クラスの都市が、周辺農村を合併して軒並み市に昇格した。従来の市も隣接する農村を次々に合併したため[1]、この頃から市内だからといって都市部とは限らない現象が全国各地で発生した。

平成の大インフレ合併後は、どんな田舎でも大規模合併して人口3万人に達したところが「市」となった[2]。既に、面積ベースでも、日本の半分以上が市になっている。「市内」であるというのは都会であることを全く意味しなくなり、現在は実質「市町村合併を大規模に行った地域」という意味でしか無い。

規模感[編集]

人口5万から10万人、面積150km2から300km2(端から端まで10-20km相当)が一般的なサイズ。大部分が農山村地域となっている市の方が多い。

大きな市の例[編集]

普通に大都市だったり、単なる東京のベッドタウンだったり、市町村合併の結果巨大な面積を持つ様になったり、背景は様々。

  • 秋田県北秋田市
    • 人口の少ない地域を大規模に合併してできた市。約1200km2の広大な市だが、人口は3万人に満たない。
  • 千葉県船橋市
    • 90km2ほどの狭い市だが、ほぼ全域が東京のベッドタウンで、人口が60万人を越えている。
  • 神奈川県横浜市
    • 400万人近い人口を誇る、日本一人口の多い市。農村地帯を大規模に合併したため面積が400km2を越え、その後農村地帯も東京・横浜両都市のベッドタウン化したので、全国一の人口を持つ市となった。
  • 静岡県浜松市
    • 人口80万人の全国有数の大都市なのに加え、中央アルプス・南アルプスの山間部を大量に合併したので、面積が1600km2近く、広さが全国2位の市となった。
  • 岐阜県高山市
    • 岐阜県の東端から西端まで、北アルプスから両白山地まで大規模に合併して、2000km2を越える日本一広い市となった。
  • 大阪府大阪市
    • 東京に次ぐ日本第二の都市とされてはいるが、大規模な市町村合併を行わなかったが故に面積が広くないため、人口は270万人程度であり、横浜市より少ない。

小さな市の例[編集]

人口の減った炭鉱都市や、東京のベッドタウンなど。

  • 北海道歌志内市
    • 旧炭鉱都市。日本一人口が少なく、4000人に満たない。面積も60km2ほほで小さいが、砂川市に併合されず独立を保っている。
  • 北海道三笠市
    • 旧炭鉱都市。人口約9000人で、日本で三番目に少ない市。
  • 北海道夕張市
    • 旧炭鉱都市。人口が9000人に満たない一方で、大量の山間部を抱えるため、800km2近い広大な面積を持つ。
  • 埼玉県蕨市
    • 5km2しか無い、日本一面積の小さい市。東京のベッドタウンとして人口が増え、狭いながらも独立を保っている。
  • 東京都武蔵野市
    • 東京のベッドタウン。面積は11km2しか無いが蕨市よりは広く、人口は14万人をこえている。
  • 山梨県中央市
    • 面積は30km2、人口3万人の小さな市。市に昇格するぎりぎりのところまでしか合併していない感じ。

脚注[編集]

  1. 横浜市神戸市の様に、昭和の大合併より一足早く大規模合併を行った市もある。なお神戸市は、市独自に農産地を持つことが目的の一つだったともいわれている。
  2. 養父市の様に、人口3万人に達しなかったのに市になったところもある。