常滑市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
常滑市
日本国旗.png日本
地方東海地方
所属愛知県
人口約5.7万 人
公式サイトwww.city.tokoname.aichi.jp
Wikipedia-logo.png常滑市

常滑市(とこなめし)は、愛知県にある。人口は約5.7万人。

地理[編集]

知多半島の西側に位置し、伊勢湾に面している。北は知多市と、東は知多郡阿久比町半田市や知多郡武豊町と、南は知多郡美浜町と接している。名鉄常滑線・名鉄空港線が市域の西側を縦断しており、特急停車駅の常滑駅中部国際空港駅を含めて8駅がある。

歴史[編集]

常滑は平安時代末期から焼き物の産地である。常滑焼は、瀬戸焼信楽焼越前焼丹波焼備前焼と並んで日本六古窯のひとつとされ、日本六古窯の中でも最も歴史が古く、最も規模の大きな産地である。江戸時代には尾張藩の下で、常滑焼が日本各地に出荷された。1954年(昭和29年)、常滑町、鬼崎町、西浦町、大野町、三和村の4町1村が合併して常滑市が発足した。現在でも窯業が主要な産業であり、ファインセラミックスを製造するINAXは常滑が発祥の地である。2005年(平成17年)には伊勢湾の常滑市沖に中部国際空港(セントレア)が開港した。

教育[編集]

  • 愛知県立常滑高等学校 - 1976年には愛知県立常滑北高等学校が分離独立したが、2006年には2校が統合され、市内の高校は常滑高校のみとなった。

外部リンク[編集]