美濃国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美濃国(みののくに)は、大和時代から明治時代初期まで日本の地方行政区分だった令制国の一つ。濃州(のうしゅう)とも称される。

内陸国であり、東山道に属した。現在の岐阜県美濃地方と長野県木曽郡の一部である。21郡を有し、国府は西部の不破郡にあった。

濃尾平野は美濃国と尾張国の頭文字を取って名付けられている。足利義昭織田信長を頼った地でもある。