尾張国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尾張国(おわりのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった律令国の一つ。尾州(びしゅう)とも称される。

地理[編集]

太平洋伊勢湾に面し、東海道に属していた。濃尾平野美濃国と尾張国の頭文字を取って名付けられている。ざっくりいえば現在の愛知県西部に対応する。

名称[編集]

名称の由来は「尾張」と「尾治」の2つがある。しかし「尾治」については過去の木簡や文献に現れるだけで、現代「尾治」という呼称は使われていない。

歴史[編集]

7世紀頃に律令制が敷かれると、およそ現在の尾張地方と呼ばれる地域が尾張国として行政区画として制定された。

室町時代は斯波氏が尾張の守護大名で有った。斯波氏の守護代織田氏が実力を持ち、応仁の乱の混乱の中、織田信秀が勢力を拡大した。信秀の死後は織田信長が家督を継ぐ。信長は斯波氏が信長追放を企てると斯波氏を追放し戦国大名織田氏の領国となる。

現代の自治体[編集]

およそ以下の市町村が尾張国に該当する。

名古屋市一宮市小牧市犬山市江南市岩倉市稲沢市津島市春日井市瀬戸市北名古屋市清須市尾張旭市日進市大府市豊明市東海市常滑市知多市愛西市弥富市あま市長久手市東郷町南知多町大口町扶桑町豊山町飛島村大治町蟹江町東浦町阿久比町武豊町美浜町