愛西市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛西市
日本国旗.png日本
地方中部地方東海地方
所属愛知県
人口62,962 人
面積 66.70km2 km2
公式サイトwww.city.aisai.lg.jp
Wikipedia-logo.png愛西市

愛西市(あいさいし)は、愛知県尾張地方にあるである。由来は、愛知県西部の略が語源。

地理[編集]

愛知県の西端、海部地域に位置し、西側は木曽川などを挟んで岐阜県海津市三重県桑名市と接している。愛知県では津島市稲沢市弥富市あま市海部郡蟹江町と接しており、特に北・西・南の3方向から津島市を取り囲んでいる。濃尾平野の南部に位置し、市域の南部は海抜ゼロメートル地帯となっている。

愛西市役所は、旧・佐屋町役場である。

2019年時点の人口は62,962人であり、海部津島広域行政圏の中心都市である津島市(62,492人)とほぼ同じである。名鉄津島線名鉄尾西線JR東海関西本線、国道1号線、155号、東名阪が通じている。

歴史[編集]

明治時代後期にはオランダ人土木技師のヨハネス・デ・レーケ(ヨハニス・デ・レーケとも)によって木曽三川分流工事が行われた。この地域を縦断していた佐屋川が廃川となったり、立田村福原地区が河岸から切り離されるなど、地形的に大きな変化があった。佐屋川は現在の海部幹線水路に相当する。1898年(明治31年)には尾西鉄道(現在の名鉄尾西線)の弥富駅津島駅間が開通し、この地域に鉄道が通じた。1925年(大正14年)には尾張国海東郡佐屋(現在の愛知県愛西市)出身の加藤高明が第24代内閣総理大臣に就任した。

戦前の1939年(昭和14年)には佐織村が町制施行して佐織町となった。戦後の1955年(昭和30年)には佐屋村と市江村が合併し、町制施行して佐屋町となった。これ以後の50年間は2町2村の状態が続いた。平成の大合併時には津島市を中心とする合併論議がなされたが、結果的に津島市はどの自治体とも合併を行わなかった。2005年(平成17年)、佐屋町・佐織町・立田村・八開村の2町2村が合併して愛西市が発足した。

教育[編集]

高校

名所・旧跡[編集]

外部リンク[編集]