田原市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
濃く示されているのが田原市

田原市(たはらし)は、愛知県東三河地方にある市。渥美半島の大半を占めており、東側で豊橋市と接している。

歴史[編集]

近世には田原藩城下町として栄え、藩政改革を行った家老の渡辺崋山は全国的に著名である。渥美半島には大きな河川が存在せず、歴史的に水不足に苦しめられていた。

太平洋戦争後には豊川用水が通水し、日本屈指の農業地帯に変貌を遂げた。愛知県でもっとも南に位置し、太平洋に面していることもあって、温暖な気候が野菜や果樹や花卉の栽培に適していたことも大きい。兼業農家も多く、旬の時期には職場でキャベツやメロンが配られることもある。

戦後には三河港臨海工業地帯が開発され、トヨタ自動車田原工場が立地するなどした結果、今日では工業都市としても知られている。

鉄道[編集]

建築物[編集]