オリックス・バファローズ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Baseball Batter.jpg オリックス・バファローズ Baseball Pitcher.jpg
所属連盟パ・リーグ
監督中嶋聡
リーグ優勝回数12回(優勝年:1967 1968 1969 1971
1972 1975 1976 1977
1978 1984 1995 1996
2021)
日本シリーズ優勝回数4回(優勝年:1975 1976 1977 1996)
永久欠番なし
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがオリックス・バファローズの項目をおカタく解説しています。
よみ
もの
エンペディアのプロジェクト「よみもの」に巣食う独自研究者や感想発表者たちが、『オリックス・バファローズが弱い』を執筆しています。
Fan
エンペディア利用者による「ファンサークル」に集うオリックス・バファローズファンと、Rest:ファンサークル/プロ野球ファン/オリックス・バファローズファンで交流できます。

オリックス・バファローズ(英語:ORIX Buffaloes)は、日本プロ野球球団。運営法人はオリックスグループのオリックス野球クラブ。

概要[編集]

1936年阪神急行電鉄によって阪急軍として創設された。その後、大戦の影響で活動を中断せざるを得なかったが、1946年に再開された。その後、阪急ブレーブスと命名。

1989年オリックスに身売りされ、オリックス・ブルーウェーブと名を変えながら強豪球団として活躍。本拠地も1989年に阪急西宮スタジアムからグリーンスタジアム神戸に移していた。

2004年シーズン終了後に大阪近鉄バファローズとの合併に至る。これにより一軍の本拠地が兵庫から大阪へ移動したが、運営母体は引き続きオリックスグループ傘下にあり、グリーンスタジアム神戸も準本拠地として使用している。二軍も2017年に本拠地を大阪市内の舞洲ベースボールスタジアムに移転している。

詳細は「プロ野球再編問題 (2004年)」を参照

2018年にはセ・パ交流戦東京ヤクルトスワローズに次ぎパ・リーグでは上位となる2位になり、途中リーグ3位にもなったが、後半戦で衰退し4位に終わる。福良淳一監督が退任し、西村徳文が監督に就任するも2020年8月20日に休養後退任した。2020年時点では、優勝から最も遠ざかった球団であり、さらには中日ドラゴンズ2012年以来8年ぶりにAクラスとなったため、Aクラスから最も遠ざかっている球団ともなった。

福良監督退任後、2020年8月21日からは中嶋聡が監督代行に就き、そのまま2021年度からの後任監督に就任。2021年のペナントレースおよびクライマックスシリーズを制したが、日本シリーズ東京ヤクルトスワローズに接戦で敗れ、日本一は逃した。

ちなみに、強豪がおよそ四半世紀の間、パ・リーグのお荷物に成り下がるまでの過程についてはここに書かれています。

パ・リーグの球団で唯一ホームゲームの中継を常時行う地上波・BSのTV局がない。阪神間のラジオ局もタイガース戦やジャイアンツ戦との中継カード調整や両球団の移動日利用の中継を行なっておらず、有料CS放送以外での視聴はビジター、レインコート予備のゲームかNHKの中継に頼るしかない。2021年ペナントレースは、セリーグもホームゲームの中継を常時行う地上波TV局がない東京ヤクルトスワローズが優勝する珍事となった。

ファンを公言する有名人[編集]

有名人に限らず、大阪に本拠地をおきながら阪神タイガースにファンが流れやすいため、オリックスファンは日本全体でも少ない傾向にある。

過去
  • 小山乃里子 - 関西のラジオパーソナリティ。阪急ブレーブス時代の熱烈なファンで、オリックス身売りが決まった時、批判的なコメントを出していた。

関連項目[編集]


日本野球機構統括球団(日本プロ野球球団)一覧
セントラルリーグ読売ジャイアンツ | 東京ヤクルトスワローズ | 横浜DeNAベイスターズ | 中日ドラゴンズ | 阪神タイガース | 広島東洋カープ
パシフィックリーグ北海道日本ハムファイターズ | 東北楽天ゴールデンイーグルス | 埼玉西武ライオンズ | 千葉ロッテマリーンズ | オリックス・バファローズ | 福岡ソフトバンクホークス
消滅球団
セントラル西日本パイレーツ | 松竹ロビンス
パシフィック高橋ユニオンズ | 大映スターズ | 大阪近鉄バファローズ
斜体の球団は1リーグ時代から存在。
プロ野球日本シリーズ歴代優勝チーム
1950年代1950: 毎日オリオンズ | 1951: 読売ジャイアンツ | 1952: 読売ジャイアンツ | 1953: 読売ジャイアンツ | 1954: 中日ドラゴンズ | 1955: 読売ジャイアンツ | 1956: 西鉄ライオンズ | 1957: 西鉄ライオンズ | 1958: 西鉄ライオンズ | 1959: 南海ホークス
1960年代1960: 大洋ホエールズ | 1961: 読売ジャイアンツ | 1962: 東映フライヤーズ | 1963: 読売ジャイアンツ | 1964: 南海ホークス | 1965: 読売ジャイアンツ | 1966: 読売ジャイアンツ | 1967: 読売ジャイアンツ | 1968: 読売ジャイアンツ | 1969: 読売ジャイアンツ
1970年代1970: 読売ジャイアンツ | 1971: 読売ジャイアンツ | 1972: 読売ジャイアンツ | 1973: 読売ジャイアンツ | 1974: ロッテオリオンズ | 1975: 広島東洋カープ | 1976: 阪急ブレーブス | 1977: 阪急ブレーブス | 1978: ヤクルトスワローズ | 1979: 広島東洋カープ
1980年代1980: 広島東洋カープ | 1981: 読売ジャイアンツ | 1982: 西武ライオンズ | 1983: 西武ライオンズ | 1984: 広島東洋カープ | 1985: 阪神タイガース | 1986: 西武ライオンズ | 1987: 西武ライオンズ | 1988: 西武ライオンズ | 1989: 読売ジャイアンツ
1990年代1990: 西武ライオンズ | 1991: 西武ライオンズ | 1992: 西武ライオンズ | 1993: ヤクルトスワローズ | 1994: 読売ジャイアンツ | 1995: ヤクルトスワローズ | 1996: オリックス・ブルーウェーブ | 1997: ヤクルトスワローズ | 1998: 横浜ベイスターズ | 1999: 福岡ダイエーホークス
2000年代2000: 読売ジャイアンツ | 2001: ヤクルトスワローズ | 2002: 読売ジャイアンツ | 2003: 福岡ダイエーホークス | 2004: 西武ライオンズ | 2005: 千葉ロッテマリーンズ | 2006: 北海道日本ハムファイターズ | 2007: 中日ドラゴンズ | 2008: 埼玉西武ライオンズ | 2009: 読売ジャイアンツ
2010年代2010: 千葉ロッテマリーンズ | 2011: 福岡ソフトバンクホークス | 2012: 読売ジャイアンツ | 2013: 東北楽天ゴールデンイーグルス | 2014: 福岡ソフトバンクホークス | 2015: 福岡ソフトバンクホークス | 2016: 北海道日本ハムファイターズ | 2017: 福岡ソフトバンクホークス | 2018: 福岡ソフトバンクホークス | 2019: 福岡ソフトバンクホークス
2020年代2020: 福岡ソフトバンクホークス | 2021: 東京ヤクルトスワローズ |
関連項目:セ・リーグ - パ・リーグ - 交流戦 - セ・リーグCS - パ・リーグCS