名鉄尾西線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄尾西線
読みめいてつびさいせん
運営名古屋鉄道(名鉄)
区間弥富駅 - 玉ノ井駅
公式サイト尾西線

名鉄尾西線(めいてつびさいせん)は、名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。

概要[編集]

愛知県弥富市弥富駅一宮市玉ノ井駅を結んでおり、いずれも尾張地方の弥富市、愛西市津島市稲沢市、一宮市を通る。

沿革[編集]

  • 1898年(明治31年)- 尾西鉄道によって、弥富〜津島間が開業。
  • 1900年(明治33年)- 尾西鉄道によって、一ノ宮(現・名鉄一宮)まで開業。
  • 1914年(大正3年)- 尾西鉄道が新一宮〜木曽川橋間を開業。
  • 1925年(大正14年)- 名鉄の路線となる。

名岐間連絡路線[編集]

新一宮〜玉ノ井〜木曽川橋間は、現在の名古屋本線が新一宮駅(現・名鉄一宮駅)まで開通した1928年から、木曽川に鉄橋が架橋された1935年まで、名岐間連絡列車の運行路線となっていた。木曽川橋と笠松(現・西笠松)の間をバス連絡して名岐間を私鉄線で間接的に結んでいた。

特徴[編集]

主要駅には佐屋駅津島駅森上駅萩原駅名鉄一宮駅などがある。途中駅である津島駅や名鉄一宮駅と比べると、終着駅である弥富駅や玉ノ井駅はそれほど乗降客数が多くないという特徴がある。JR関西本線、名鉄津島線、名鉄名古屋本線、JR東海道本線と接続している。

弥富駅と玉ノ井駅を直通する列車は現在存在しない。運行系統は「弥富駅=佐屋駅=津島駅」「津島駅=名鉄一宮駅」「名鉄一宮駅=玉ノ井駅」の3区間に分かれている。最も乗客数が多いのは「津島駅=名鉄一宮駅」であり、愛知県立一宮西高等学校愛知県立津島高等学校などの通学にも使用される。「弥富駅=佐屋駅=津島駅」は実質津島線と一体化して、名古屋本線にも直通しており、往時は神宮前駅金山駅から弥富駅への利用は乗り換えなしの名鉄が多かった。

名古屋鉄道には名鉄西尾線(にしおせん)という名称の路線もあり、尾西線(びさいせん)と混同するお馬鹿さんもいるが、両者は明確に異なる路線である。

駅一覧[編集]

駅名 接続路線 所在地
弥富駅 JR関西本線
近鉄名古屋線[1]近鉄弥富駅
弥富市
五ノ三駅  
佐屋駅   愛西市
日比野駅  
津島駅 名鉄津島線 津島市
町方駅   愛西市
六輪駅   稲沢市
渕高駅   愛西市
丸渕駅   稲沢市
上丸渕駅  
森上駅  
山崎駅  
玉野駅   一宮市
萩原駅  
二子駅  
苅安賀駅  
観音寺駅  
名鉄一宮駅 名鉄名古屋本線
JR東海道本線尾張一宮駅
西一宮駅  
開明駅  
奥町駅  
玉ノ井駅  

廃止区間[編集]

1944年休止、1969年廃止。括弧内は玉ノ井駅からの営業キロ。

玉ノ井駅 (0.0km) - 里小牧駅 (1.6km) - 木曽川橋駅 (2.7km) - (貨)木曽川港駅 (3.6km)

脚注[編集]

  1. 近鉄は名鉄駅のみ乗換駅と認定している。

外部リンク[編集]

名古屋鉄道(名鉄)の路線一覧
NH名古屋本線 - TK豊川線 - GN西尾線 - GN蒲郡線 - MUMY三河線 - TT豊田線 - TA常滑線 - TA空港線 - CH築港線 - KC河和線 - KC知多新線 - ST瀬戸線 - TB津島線 - TBBS尾西線 - IY犬山線 - KG各務原線 -HM広見線 - KM小牧線 - TH竹鼻線 - TH羽島線
他事典リンク¦ウィキペディア ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア