RGB

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

RGB(アールジービー)とは、光の三原色であるRed(赤)()、Green(緑)()、Blue(青)() (厳密には群青色) の頭文字を繋げたもの。

解説[編集]

色相の角度では、0°の赤を基準に色相を3等分し、正三角形の各頂点に当たる色である120°ずつの間隔を置いて並んでいる。色相を3等分した計算は、360°÷3=120°。赤は0°、緑は120°、青は240°。色相の角度が全て120°ずつ進んで行く。テレビ、パソコンのモニター、スマホ、デジタルカメラなどのディスプレイに使用されている。電子機器のディスプレイ表示はこれを利用しており、RGBはカラー表示の代名詞ともなっている。液晶画面を拡大すると、赤・緑・青の3つの光しかない。光の三原色の緑は、日常的に連想する緑よりは「明るい緑」として感じられる。光の三原色の青は、日常的に連想する青よりはちょっと紫がかっていて、固有色名で表すと群青色に近い。群青色は英語ではultramarineという。そのため、RGBの表記法はRed(赤),Green(緑),Ultramarine(群青色)の頭文字を組み合わせたRGUでも可能と思われる。

RGBのベースは黒であり、ここに赤・緑・青の三つの光の色が加わることにより、輝度(光の明るさ、brightness、luminance)がだんだん高くなり、全ての幅広い色を表現することができる。これが「光の三原色、加法混色、加法混合」と呼ばれるものとなる。

赤と緑を混ぜると黄色(レモン色?)、緑と青を混ぜると水色っぽい青緑(ターコイズブルー、シアン)、赤と青を混ぜるとマゼンタ(わずかに赤みの明るい紫)、赤と緑と青を適度な量で混ぜると白になる。逆にRGBのすべての値が最小値0だと黒になる。2つの色を混ぜただけでは、色の明るさは全く変わらず、明るくなるのは光の明るさ=輝度だけである。

RGBで色を表現するシステムを「RGBカラーモード」という。

色深度[編集]

コンピューターディスプレイ等において、RGBそれぞれの色の強度は、有限の段階によって表現される。この段階の数を、色深度と呼ぶ。おおむねFullHD(1920×1080画素)程度の表示について、色深度は8bit、4K(3840×2160画素)以上であれば、10bitを採用する場合が多い。

色深度は通常8bitで、RGB各色について8bit(2の8乗=256)の段階あり、0〜255までの数値で割り当てられており、最小値=最も暗い状態が0で発光量0%、最大値=最も明るい状態が255で発光量100%となる。これを3色について記述した24bitのコードで、1色を表現できることとなる。全体で表現できる色の数は、RGBの各チャンネルが1色当たり8bit(256段階)のデータを持つことにより、全部で256の3乗=16,777,216色(おおむね1680万色)、つまり24bitカラーを表現できるということになる。

RGBそれぞれ8bit、計24bitによる色の表現は、コンピューターにて広く使われる。RGB値を表現するカラーコードは、RGB各色の強さを16進数2桁ずつで表し、赤・緑・青の順に16文字の英数字「0~9・A~F」を使って並べ、最初に#を付け、1色を表すカラーコードとなる。身近なところでは、今ご覧のようなウェブサイトにおいて、文字や背景などの色を指定する場合、このカラーコードを用いる。10bit深度のカラーコードをどうやって書くのかは知らん。

ちなみに半分の輝度を表す場合は数値は127または128となる(厳密な中央値は127.5であるが、割り切れず、整数として表現できないので127と128の2つ存在することになる。0〜255の中央値である「127」と「128」とでは、一つの差があることにより微妙にズレた値となる。RGBそれぞれの値が128の場合、色反転させるとRGBの各色の値の最小値0と最大値255の和から、反転前の値が差し引かれ、「(0+255)-128=127」になることがわかる)。

加法混合の例。スクリーンに原色の光を投影すると、光が重なったところが二次色になる。三原色の光を適度な割合で混ぜると真っ白になる。

ウェブカラー[編集]

詳細は「ウェブカラー」を参照

光の三原色(RGB)の量をそれぞれどのくらい混ぜた色なのかという考え方で、ウェブブラウザで具体的な色名を指定したのを「ウェブカラー」という。ウェブカラーの黄色は光の明るさを持ち、全く赤みがからない輝かしい黄色であり、固有色名で表すとレモン色に近い。例えば、CSSで、color:yellowと指定した場合、文字の色がレモン色っぽい黄色になる。

ちなみ[編集]

ちなみに、マイクロソフトペイントにおけるRGB表記は、RGUとなっている。なぜなら、青をBにすると基本色(B)が使われており、BBasicの頭文字を意味し、基本色(B)と混同され、Blueが使えないので、Ultramarine(群青色の英語表記)の頭文字であるUにしたかと思われる。群青色の英語表記であるUltramarineにした理由は、RGBBは、見た目はちょっと紫がかった青色をしていて、固有色名で表すと群青色に近いので、この色を表しているのは確かである。前に述べたように、RGBの表記法はRGU=Red(赤),Green(緑),Ultramarine(群青色)でも可。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]