馬車

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬車』(ばしゃ)とはロバに引かせる車両である。

概要[編集]

内燃機関を動力源とする自動車が発明される前、荷物の運搬や移動などによく用いられていた。しかし自動車の発明後は車を引かせるための馬の世話に手間がかかることから馬車の利用は衰退し、現在ではごく一部の地域でしか使われていない。馬車を全くと言っていいほど利用しなくなった国でも儀礼的な場面でのみ今も馬車を使用する事もある。
馬車は道路を通行するが、中には線路を敷いてその上を走らせる馬車鉄道というのもあった。これは今の鉄道の動力源を馬にしたようなもので、市内鉄道のような比較的距離の短い路線で能く見られた。
なお日本の道交法上、馬は自転車と同じ軽車両として扱われる。もし馬に酒を飲ませて公道を走った場合、整備不良として取り締まりを受ける場合がある。