静岡駅

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
静岡駅
(しずおか)
所属事業者東海旅客鉄道 (JR東海)
路線東海道新幹線東海道本線
駅構造高架駅
ホーム(東海道新幹線)2面2線
(東海道本線) 2面4線
開業1989年2月1日
所在地静岡県静岡市葵区黒金町
電報略号シス

静岡駅(しずおかえき、英:Shizuoka Station)は、静岡県静岡市葵区黒金町にある東海道新幹線東海道本線の駅である。

概要[編集]

東海道本線の国府津駅 - 静岡駅間(現御殿場線経由ルート)は1889年明治22年)2月1日に、静岡駅 - 濱松駅間は1889年(明治22年)4月16日に開通した。静岡駅 - 濱松駅間の途中停車場には、焼津駅藤枝駅島田駅、堀之内駅(現菊川駅)、掛川駅袋井駅、中泉駅(現磐田駅)が設置された。新橋駅 - 静岡駅間には直通列車上下2本が設定されたが、当時は片道7時間5分を要した。
特急列車は身延線に乗り入れる「ふじかわ」と「サンライズ瀬戸・出雲」が停車する。

隣の駅[編集]

東海道本線

東静岡駅 - 静岡駅 - 安倍川駅

明治22年の静岡大火[編集]

東海道本線が国府津から静岡まで開通した1889年(明治22年)2月1日は、静岡駅の開業記念式典が盛大に行われる予定であった。旧暦正月の初売りの日でもあった。しかし、当日の早朝午前2時に一番町住吉小路六番地の焼き芋屋乗松万蔵方と隣の石垣清蔵方付近から出火し、延焼時間は31時間に達し、静岡公立病院、静岡郵便局、静岡南学校、英学校、神明社、東本願寺別院、八朔社、明泉寺などが焼失した。明治以降では最大の大火であった[1]

開通式典会場は静岡駅構内ホームに変更され、質素なものとし、参加者に配られる予定であった幕の内弁当、餅、紅白饅頭、酒はすべて被災民に火事見舞として支給された。

新静岡駅
読みしんしずおか
路線静岡鉄道 静岡清水線
所在地静岡市葵区鷹匠一丁目

新静岡駅[編集]

JR静岡駅北口から地下道経由で北方向に徒歩10分で静岡鉄道新静岡駅に到着する。県立美術館前、県運動場を経由して、新清水駅まで運行される。

脚注[編集]

  1. 静岡市史編纂委員会編(1927)『静岡市史編纂資料 第5巻』静岡市
Shinkansen jrc.svg 東海道山陽九州新幹線の駅一覧
東海道新幹線
(JR東海管轄)
東京 - 品川 - 新横浜 - 小田原 - 熱海 - 三島 - 新富士 - 静岡 - 掛川 - 浜松 - 豊橋 - 三河安城 - 名古屋 - 岐阜羽島 - 米原 - (栗東信号場) - 京都 - (鳥飼信号場) - 新大阪
山陽新幹線
(JR西日本管轄)
新大阪 - 新神戸 - 西明石 - 姫路 - 相生 - 岡山 - 新倉敷 - 福山 - 新尾道 - 三原 - 東広島 - 広島 - 新岩国 - 徳山 - 新山口 - 厚狭 - 新下関 - 小倉 - (鞍手信号場) - 博多
九州新幹線
(JR九州管轄)
博多 - 新鳥栖 - 久留米 - 筑後船小屋 - 新大牟田 - 新玉名 - 熊本 - 新八代 - 新水俣 - 出水 - 川内 - 鹿児島中央
静岡地区東京方面<<)熱海 - (来宮) - 函南 - 三島 - 沼津 - 片浜 - - 東田子の浦 - 吉原 - 富士 - 富士川 - 新蒲原 - 蒲原 - 由比 - 興津 - 清水 - 草薙 - (貨)静岡貨物 - 東静岡 - 静岡 - 安倍川 - 用宗 - 焼津 - 西焼津 - 藤枝 - 六合 - 島田 - 金谷 - 菊川 - 掛川 - 愛野 - 袋井 - 御厨 - 磐田 - 豊田町 - 天竜川 - 浜松 - (貨)西浜松 - 高塚 - 舞阪 - 弁天島 - 新居町 - 鷲津 - 新所原 - 二川豊橋(>>名古屋方面
貨物支線(廃線):沼津 - (貨)沼津港
名古屋地区静岡方面<<)豊橋 - 西小坂井 - 愛知御津 - 三河大塚 - 三河三谷 - 蒲郡 - 三河塩津 - 三ケ根 - 幸田 - 相見岡崎 - 西岡崎 - 安城 - 三河安城 - 東刈谷 - 野田新町 - 刈谷 - 逢妻 - (武豊方面<<)大府 - 共和 - 南大高 - 大高 - 笠寺 - 熱田 - 金山 - 尾頭橋 - 名古屋 - 枇杷島 - (五条川信号場) - 清洲 - 稲沢 - 尾張一宮 - 木曽川 - 岐阜 - 西岐阜 - (貨)岐阜貨物ターミナル - 穂積 - 大垣 - (南荒尾信号場) - 垂井 - 関ケ原 - 柏原 - 近江長岡 - 醒ケ井 - 米原(>>京都方面
美濃赤坂線大垣 - (南荒尾信号場) - 荒尾 - 美濃赤坂
新静岡 - 日吉町 - 音羽町 - 春日町 - 柚木 - 長沼 - 古庄 - 県総合運動場 - 桜井戸 - 県立美術館前 - 草薙 - 御門台 - 狐ヶ崎 - 桜橋 - 入江岡 - 新清水
1934年以前の旧経路: (桜井戸) - 草薙 - 有度学校前 - 遊園前 - 追分 - 入江町 - (清水相生町(現新清水))
波止場線(1949年廃止):( 清水相生町(現新清水)) - 松原町 - 波止場