名古屋市営地下鉄上飯田線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋市交通局 上飯田線
基本情報
日本国旗.png日本
所在地愛知県名古屋市北区
種類地下鉄
路線網名古屋市営地下鉄
起点平安通駅
終点上飯田駅
駅数2駅
路線記号K
路線色桃色
開業2003年3月27日
所有者上飯田連絡線(第3種鉄道事業者)
運営者名古屋市交通局(第2種鉄道事業者)
使用車両車両の節を参照
路線諸元
路線距離0.8 km
軌間1,067 mm
線路数複線
電化方式直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式車内信号式
保安装置ATC
最高速度75 km/h

名古屋市営地下鉄上飯田線(なごやしえいちかてつかみいいだせん、7号線)は、名古屋市営地下鉄の路線。平安通駅- 上飯田駅を結ぶおよそ800mの日本最短の[1]地下鉄路線である。

概要[編集]

日本の地下鉄として最短の路線。もともと、名鉄小牧線上飯田駅まであり、そこから800メートルほど離れた場所に名城線平安通駅があった。以前はその間には名古屋市電があったものの、それが廃止されてからは歩くバスに乗る必要があった。この路線は、それを結ぶ為に、上飯田連絡線と言う名称で建設された。

この路線は名鉄小牧線と相互乗り入れしており、運転も名鉄に委託している。そのため、この路線はほとんど名鉄線みたいなものである。現に駅の管理や、運行、車両の保守は名鉄側で行われており、名鉄舞木検査場への回送もみられる。それにより、第三軌条方式ではなく、剛体電車線方式のため、天井を見ると剛体架線(小牧線区間は架線)があり、車両にもパンタグラフがついている。[2]しかも車内は転換式のセミクロスシート。[3]

ラインカラーは桃色

名鉄との乗り継ぎ割引[編集]

名城線の平安通、志賀本通、黒川、大曽根、ナゴヤドーム前矢田と、名鉄小牧線の味鋺、味美各駅相互間では乗り継ぎ割引が設定されている。その割引額は地下鉄と名鉄の合計運賃から大人が20円、子供が10円である。割引される金額も区間もかなり限られている。やる気あるのかな?

運行形態[編集]

直通先の名古屋鉄道小牧線と一体化した運行となっており、上飯田駅で平安通駅へ折り返す列車は始発電車と最終電車、及び小牧線内で輸送障害が発生した際に限られている。

乗務員は、開業当初は上飯田駅で名鉄と名古屋市交通局の乗務員が交代していたが、合理化を目的とし2007年以降は名鉄の乗務員が平安通駅まで乗務するようになっている。

計画[編集]

現在の路線距離は短いが、名古屋市営地下鉄東山線新栄町駅を通って丸田町まで延伸される計画がある。ただし建設されるのは、不採算路線(主に桜通線)の負債が解消してからである。

駅一覧[編集]

駅番号順に記述[4]。全駅名古屋市北区に所在。

駅番号 駅名 営業キロ 接続路線
KM 名古屋鉄道小牧線犬山駅まで直通運転
K01 上飯田駅 0.0 名古屋鉄道:KM 小牧線(KM13)(直通運転)
K02 平安通駅 0.8 名古屋市営地下鉄:名城線(M11)

脚注[編集]

  1. 実際はアストラムラインが300mだけ地下鉄として認可されているので、見方によっては日本最短とは言えない(アストラムラインの地下区間はもっと長く2km弱ある。
  2. ちなみに、鶴舞線名鉄と相互乗り入れしているため、上から電気を取っている。
  3. 特別料金が必要ない地下鉄の列車で転換式クロスシート車両が走るのはかなり珍しい。
  4. 『鉄道要覧』では第二種鉄道事業者の名古屋市交通局の路線としては平安通起点で記載。

関連項目[編集]