準大手私鉄

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

準大手私鉄(じゅんおおてしてつ)は、大手私鉄より規模が小さく、中小私鉄よりは規模が大きい鉄道会社をいう。 国土交通省は「準大手民鉄」と呼んでいる。 日本の私鉄は「大手私鉄」、「準大手私鉄」、「地方鉄道中小私鉄」の三段階に分かれている。主として経営規模(資本金、営業キロ、輸送人員など)による区別である。路線がとても短い会社路線が短い上に車両すら持っていない会社もあるのは秘密。

国土交通省監修『数字で見る鉄道』では「準大手民鉄」と記載している[1][2]

具体的には次の5社が準大手私鉄に含まれる。

その他[編集]

注・参考文献[編集]

  1. 国土交通省鉄道局監修『数字で見る鉄道 2018』運輸総合研究所
  2. 鉄軌道事業者一覧『数字で見る鉄道 2018』p.8)