名鉄三河線

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄三河線
読みめいてつみかわせん
運営名古屋鉄道(名鉄)
区間豊田市駅 - 碧南駅
公式サイト三河線
名鉄三河線の走行風景

名鉄三河線(めいてつみかわせん)は、名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。

特徴[編集]

愛知県豊田市猿投駅碧南市碧南駅を結んでおり、いずれも西三河地方の豊田市、知立市刈谷市高浜市、碧南市を通る。中間地点には名鉄名古屋本線知立駅があり、知立駅より北側を「山線」、知立駅より南側を「海線」と通称する。主要駅には豊田市駅知立駅刈谷駅などがある。過去には猿投駅からさらに北の西中金駅まで、また碧南駅からさらに南の吉良吉田駅まで線路が伸びていた。名鉄名古屋本線、名鉄豊田線JR東海道本線愛知環状鉄道線と接続している。

使用車両[編集]

以下は地下鉄鶴舞線豊田線から乗り入れている車両。三河線内の走行区間は梅坪~豊田市間のみ。

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 接続路線 所在地
山線 MY11 猿投駅   豊田市
MY10 平戸橋駅  
MY09 越戸駅  
MY08 梅坪駅 豊田線
MY07 豊田市駅 愛知環状鉄道
MY06 上挙母駅 愛知環状鉄道
MY05 土橋駅  
MY04 竹村駅  
MY03 若林駅  
MY02 三河八橋駅  
MY01 三河知立駅   知立市
NH19 知立駅 名古屋本線
海線
MU01 重原駅  
MU02 刈谷駅 JR東海道本線 刈谷市
MU03 刈谷市駅  
MU04 小垣江駅  
MU05 吉浜駅   高浜市
MU06 三河高浜駅  
MU07 高浜港駅  
MU08 北新川駅   碧南市
MU09 新川町駅  
MU10 碧南中央駅  
MU11 碧南駅  

歴史[編集]

1912年に創立した三河鉄道によって建設が進められ、1914年に刈谷〜碧南(開業時・大浜)が開通。その後、南北に路線を伸ばし、南側は1928年に吉良吉田(開業時・三河吉田)まで延伸し、加えて現在の名鉄蒲郡線区間も建設した。北側は1915年刈谷から重原を経由し、現在と違って直進で三河知立(開業時・知立)まで開業したのを皮切りに、1920年に豊田市(開業時・挙母)、1924年に猿投、1928年に西中金まで延伸した。

鉄道敷設法別表第69号には『愛知県千種ヨリ挙母ヲ経テ武節ニ至ル鉄道』の項があり、三河鉄道は1921年に足助までの敷設免許を得て、西中金〜足助追分までは用地買収も済んで工事に取り掛かったものの、資金途絶で開業を断念した。また子会社として新三河鉄道を設立し、後の名鉄豊田線に繋がる挙母〜八事(名古屋市昭和区)の敷設免許を得ている。

鉄道敷設法別表ルートには載るものの西中金以東が未成だったため、戦時国鉄買収候補として注目されることは無く、1941年6月に名鉄に買収された。未成区間の敷設免許は名鉄に承継されたが、岩倉支線平坂支線などを戦後に整理廃止する状況下で路線延長の余裕は無く、西中金以東への延長は棚上げになってしまった。また南側も旧三河鉄道区間だった蒲郡線で西尾線との一体化が進み、碧南以南は末期は日中に1時間に1往復の閑散路線化し、猿投以北共々レールバス運行路線となってしまった。そして2004年に猿投以北および碧南以南が廃線となって現在に至っている。

過去の接続路線[編集]

外部リンク[編集]

名古屋鉄道(名鉄)の路線一覧
NH名古屋本線 - TK豊川線 - GN西尾線 - GN蒲郡線 - MUMY三河線 - TT豊田線 - TA常滑線 - TA空港線 - CH築港線 - KC河和線 - KC知多新線 - ST瀬戸線 - TB津島線 - TBBS尾西線 - IY犬山線 - KG各務原線 -HM広見線 - KM小牧線 - TH竹鼻線 - TH羽島線
  
他事典リンク¦ウィキペディア ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア