近江国

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近江国(おうみのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。現在の滋賀県に該当する。俗に江州(ごうしゅう)とも称された。

概要[編集]

古事記では「近淡海」や「淡海」と記載されている。現在は近畿地方に属しているが、律令国時代は東山道に分類されていた。

関西方面では「近江を制するものは天下を制す」といった言葉があるが[1]、司馬遼太郎が『国盗り物語』で使用して有名になった「美濃を制するものは天下を制する」の流用と考えられる。[2]

脚注[編集]

  1. 「近江を制するものは天下を制す」信長、秀吉ゆかりの“城の国”…埋もれた山城を発掘“地方創生”に”. 産経WEST (2015年3月12日). 2017年1月15日確認。
  2. レファレンス協同データベース”. 「美濃を制するものは天下を制する」という言葉について. 岐阜県図書館. 2016年11月24日確認。